がんは死因の第1位で、最近では総死亡の3割を占めます。
 早期のがんであれば治せる可能性は非常に高く、身体的・経済的負担もより少なくなります。
 平成27年度のがん検診は下表のとおりです。
〔問い合わせ〕健康推進課(あいとぴあセンター) 電話(3488)1181

■平成27年度がん検診一覧表
検診名 対象 費用 検診内容 実施期間
前期(6月申込受付予定) 後期(9月申込受付予定)
集団検診 集団がん検診 〔男性〕
満35歳以上の市民
無料 胃がん検診
肺がん検診
大腸がん検診
7月17日(金曜日)・22日(水曜日)・26日(日曜日)・30日(木曜日)
8月3日(月曜日)・20日(木曜日)・31日(月曜日)
9月1日(火曜日)
10月19日(月曜日)・20日(火曜日)・23日(金曜日)・26日(月曜日)
11月5日(木曜日)・13日(金曜日)・15日(日曜日)・18日(水曜日)
〔女性〕
満30歳以上の市民
胃がん検診
肺がん検診
大腸がん検診
骨粗しょう症検診(70歳まで)
7月16日(木曜日)・21日(火曜日)・23日(木曜日)・27日(月曜日)・29日(水曜日)・31日(金曜日)
8月4日(火曜日)・5日(水曜日)・19日(水曜日)・21日(金曜日)・30日(日曜日)
9月2日(水曜日)
10月16日(金曜日)・22日(木曜日)・25日(日曜日)
11月4日(水曜日)・6日(金曜日)・9日(月曜日)・10日(火曜日)・12日(木曜日)・16日(月曜日)・17日(火曜日)・25日(水曜日)・26日(木曜日)
個別検診 肺がん検診
(個別)
〔男性〕
満35歳以上の市民
〔女性〕
満30歳以上の市民
無料 胸部レントゲン撮影
喀痰検査
6月1日(月曜日)~6月30日(火曜日)、10月1日(木曜日)~10月31日(土曜日)
(ただし各医療機関の検診日に限る)
子宮がん検診
(子宮頸がん検診)
(子宮体がん検診)
満20歳以上の市民 細胞診
※子宮体がん検診は、医師の判断で受診者が同意する場合に子宮頸がん検診に併せて受診できます。
5月1日(金曜日)~5月30日(土曜日)、7月1日(水曜日)~7月31日(金曜日)
9月1日(火曜日)~9月30日(水曜日)、11月2日(月曜日)~11月30日(月曜日)
(ただし各医療機関の検診日に限る)
※子宮がん検診は2年に1度です(平成26年度に受診した方は、平成27年度は受診できません。昨年度クーポン検診を受診した方も含みます)。
乳がん検診 満40歳~満49歳の市民 2,160円 視診・触診とマンモグラフィ(乳房エックス線検査) 5月1日(金曜日)~5月30日(土曜日)、7月1日(水曜日)~7月31日(金曜日)
9月1日(火曜日)~9月30日(水曜日)、11月2日(月曜日)~11月30日(月曜日)
(ただし各医療機関の検診日に限る)
※乳がん検診は2年に1度です(平成26年度に受診した方は、平成27年度は受診できません。昨年度クーポン検診を受診した方も含みます)。
※マンモグラフィ5月実施分は、5月20日(水曜日)・29日(金曜日)・6月7日(日曜日)にあいとぴあセンターに検診車が来ます。視診・触診を受診した日に医療機関で予約してください。
※生活保護受給者は、乳がん検診も無料になります(受給証明書を医療機関へお持ちください)。
満50歳以上の市民 1,080円
個別クーポン検診 子宮がん検診
(子宮頸がん検診)
(子宮体がん検診)
20歳(平成6年4月2日~平成7年4月1日生まれ)または平成25年度クーポン券送付者のうち未受診者でかつ市民 無料 細胞診
※子宮体がん検診は、医師の判断で受診者が同意する場合に子宮頸がん検診に併せて受診できます。
7月1日(水曜日)~7月31日(金曜日)
9月1日(火曜日)~9月30日(水曜日)
11月2日(月曜日)~11月30日(月曜日)
(ただし各医療機関の検診日に限る)
※子宮がん検診・乳がん検診は2年に1度です。ただし、クーポン検診対象者は受診できます。
※対象者には無料クーポン券を6月下旬頃に送付します。受診の際には必ずクーポン券をお持ちください。
乳がん検診 40歳 (昭和49年4月2日~昭和50年4月1日生まれ)または平成25年度クーポン券送付者のうち未受診者でかつ市民 視診・触診とマンモグラフィ(乳房エックス線検査)
大腸がん検診 40歳・45歳・50歳・55歳・60歳の市民 便の潜血検査 平成27年6月中旬~平成28年1月30日(土曜日)
※対象者には無料クーポン券を6月中旬頃に送付します。受診の際には必ずクーポン券をお持ちください。

会社等で検診の機会のある方は受けられません。
肺がん検診・大腸がん検診は、個別・集団いずれかで受診してください。
申し込み方法等詳細は、改めて広報こまえでお知らせします。