熱中症は、室温や気温が高い中で体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなるもので、ひどいときには意識の異常等さまざまな症状を起こします。
 毎年7月から8月にかけて最も多く発生し、症状が重くなると命に危険が及びます。

熱中症になりやすい人

 体調不良の人、高齢者、小児、肥満の人、普段から運動をしていない人等

症状

 体温上昇、目まい、体のだるさ、こむら返り、大量の発汗、けいれん、意識の異常、失神等

対処方法
  • 風通しのいい日陰や冷房が利いている室内など、涼しい場所に移る。
  • 衣服を緩め、うちわや扇風機であおぐことで、体を冷やし、熱を放散させる。
  • 水分・塩分を補給する。

自分で水を飲めない、意識がない、全身のけいれん等の症状がみられる場合は、すぐに救急車等で病院に運んでください。

熱中症の予防法
  • 暑さを避ける 日陰を選んで歩いたり、日傘を差したり帽子をかぶる。
  • 服装を工夫する 汗を吸収してくれる吸水性に優れた素材の服や下着を着る。
  • 水分を補給する 喉が渇く前に、小まめに水分を補給する。
  • 暑さに体を徐々に慣らす 慣れるまでは時間が必要なため、暑くなり始めや急に暑くなる日、熱帯夜の翌日に気を付ける。
  • 体調が悪いときは安静にする暑熱環境下では、健康な人でも熱中症になることがあるため、特に体調の悪い人は、体調が回復するまで安静にする。
  • 暑い場所での作業や運動に注意する 小まめに人を交代させ、一人一人ができる限り短時間で済むようにお互い配慮する。
  • 無理な節電をしない 適度に扇風機やエアコンを使用する。

〔問い合わせ〕健康推進課(あいとぴあセンター) 電話(3488)1181