■特殊詐欺にはどんな詐欺があるのですか?

安安丸 息子や孫、警察官などを装い、「お金が必要になった」と言ってお金を要求する「オレオレ詐欺」の他に、市役所などを名乗り「税金や医療費などを還付します」と言ってATMの操作をさせ、お金を振り込ませる「還付金詐欺」や、架空のもうけ話を持ち掛けてお金を要求する詐欺などがあるぞ。

■犯人が息子を装って電話をかけてくるといっても、詐欺の手口も知っているし、声や態度で分かるものでしょう?

安安丸 犯人は「風邪を引いて声が変だ」などと言ったり、犯行グループの中で複数の役を分担して交互に電話をかけてきたりと、相手に疑問を抱かせない工作を念入りにしてくる。お金を要求する電話をかける前に、「携帯電話の番号が変わった」と言って電話番号を控えさせ、次の電話がかかってきたときの警戒心を無くさせるのも一つの手口だ。身内から「困っている」という電話がかかってくると、焦って通常の判断ができなくなってしまうことがある。だから、「私は大丈夫」だと思う人でも、事前に対策しておくことが必要なのだ。

■事前の対策はどんなことをすればいいのでしょうか?

安安丸 現在市では、自動通話録音機を無料で貸し出している(先着順)。電話がかかってくると通話を録音している旨のメッセージが自動的に流れるので、犯人が詐欺の電話をかけにくくなる。また、留守番電話に設定しておき、相手の名前などを確認してから電話に出るなどの対策も効果的だ。なお、特殊詐欺の電話が集中してかかってきた地域に防災行政無線やパトロール車などを使って広報をしているので、注意して聞いてみてほしい。

〔問い合わせ〕安心安全課