架空請求詐欺の被害が、昨年に比べて、認知件数・被害額ともに大幅に増加しています。
 架空請求詐欺は、名義貸しやサイト利用料金、個人情報流出等を理由に何度も金銭を要求されるため、1件当たりの被害額が極めて高額になるのが特徴です。

被害を未然に防ぐために、次の対策を実施しましょう
  • 知らない人からの電話やメールは相手にしない。
  • 自宅の電話を留守番電話に設定する。
  • 「現金を送れ」と言われたら100%詐欺、すぐに110番通報する。
  • ひとりで悩まず、必ず家族や警察に相談する。

特殊詐欺被害の防止に効果のある「自動通話録音機」を安心安全課窓口で無料で貸し出していますので、ご利用ください。
〔問い合わせ〕安心安全課