相談事例

 「高収入の男性の相談に乗るだけでお金がもらえる」というSNSの広告を見て、副業紹介サイトに登録しました。男性から「6,000万円をあげるので、直接アドレス交換しよう」とメールが届きました。ところがメールが文字化けしてしまい、サイトから文字化け解除に必要なポイント代を次々に請求され、総額40万円をクレジットカードで決済しました。しかし、その後男性とは連絡が取れず、お金を受け取ることもできませんでした。騙されたと思うのですが、返金してもらえるでしょうか。

アドバイス

 副業を紹介すると言われ登録したサイトで高額の現金をあげるという人物が登場し、メールのやり取りやシステム解除のためと称してポイントを使わせる詐欺的な出会い系サイトが横行しています。
 クレジットカード会社に確認したところ、サイト運営会社の決済を代行する会社が介在し、そこから請求がきている事が分かりました。相談者には経緯をまとめ、メールの写しとともに、決済代行会社とサイト運営業者に取り消しを求める書面を、またクレジットカード会社にも支払いの保留を依頼する書面を送付するように助言しました。その後、当コーナーが決済代行会社と交渉した結果、決済代行会社は請求を全額取り消しました。
 トラブル解決には証拠が不可欠ですが、サイト内のメールは保存件数や日数が決められています。メールのやり取りを重ねるうちにメールが自動消去されてしまうので、早急な対応が必要です。簡単で確実に収入を得られる副業はありません。甘い話を鵜呑(うの)みにせず、慎重に判断しましょう。
 心配なことがあれば、消費生活相談コーナーへ。
〔問い合わせ〕地域活性課地域振興係