1  日時 令和元年5月27日(月曜日)午後7時~8時5分
2  場所 市役所502・503会議室
3  出席者

委員 石黑昌和 菊池正明 下田禎敏 髙田礼子 中山潤子 中山美津江 西山偕子 馬場正彦 横山武志 

事務局 市長 松原俊雄 企画財政部長 髙橋良典 政策室長 田部井則人 政策室協働調整担当 馬場麻衣子

傍聴者 なし

4  欠席者 欠席者 委員 平野竜智 
5 議題

 1.開会

 (1)市長挨拶

 (2)委嘱状の交付について

 (3)委員長・副委員長の選出について

 (4)諮問について

 (5)委員会の運営について

2.平成31年度委員会の進め方について

3.男女共同参画週間パネル展及びアンケート調査について

4.男女共同参画推進フォーラムについて

5.視察先の検討について

6.その他

6 提出資料

資料1 狛江市男女共同参画推進委員会委員名簿

資料2 平成31年度狛江市男女共同参画推進委員会の進め方

資料3 男女共同参画週間パネル展について

資料4 狛江高校生へのアンケート調査について

資料5 男女共同参画推進フォーラムについて

資料6 視察先について

7 会議の結果

 

1.開会

(1)市長挨拶

-市長から挨拶-

-事務局職員自己紹介-

 

(2)委嘱状の交付について

-委嘱状机上配布-

 

(3)委員長・副委員長の選出について

・狛江市男女共同参画推進委員会運営規則第4条第1項により、委員長・副委員長は委員の互選により、委員長に髙田委員、副委員長に菊池委員が決定。

-委員長・副委員長から一言ずつ挨拶-

 

(4)諮問について

-市長から委員長へ諮問書の交付-

-市長退席-

 

(5)委員会の運営について

-各委員自己紹介後、事務局から説明-

・委員会は、市長の附属機関として設置されており、市長の諮問に応じ調査審議し提言することとなっている。

・委員会は、委員長が召集し、委員の過半数の出席をもって会議成立となる。

・委員会の議事は、出席者の過半数で決し、可否同数のときは委員長の決するところによる。

・本委員会は、非公開と決定した場合を除き原則公開とする。非公開と決定した場合はその理由を公表する。

・会議録については、要点筆記とし、全委員の確認をいただいた後、市ホームページで公表する。-了承-

 

2.平成31年度狛江市男女共同参画推進委員会の進め方

-資料2を基に事務局より説明-

 

3.男女共同参画週間パネル展及びアンケート調査について

-資料3、4を基に事務局より説明-

(事務局)展示テーマ、アンケート内容についてご意見をお願いしたい。

(委員)パネル展について意見があるかということだが、その趣旨というのはタイトルをどのような形にすればよいかという議論でよいか。

(事務局)テーマに基づいて今回は展示を行うことを考えており、どのようなテーマを扱うことがよいかという点で皆さんの意見を出していただきたい。

(委員長)テーマは1点に絞った方がよいか。

(事務局)複数のテーマでもよい。

(委員)パネル展そのものを見たことがないので、具体的にどのような展示なのか確認したい。また、ここでテーマを決めてから作り出すということになるのか。

(事務局)昨年はDVをテーマに取上げたが、テーマを決めて、啓発に繋がる内容など皆さんに知ってもらいたい情報を貼り出したり、啓発のための配布物を配置等している。

(委員長)市役所2階のロビーでの展示になるが、今回はインパクトのある感じで、皆さんに足を止めてもらうことができる形で展示ができればと思う。

(委員)「ダブルケア」や「ワーク・ライフ・バランス」と言うとちょっと分かりにくい気がする。「介護と子育て」と言うとピンとくる。「イクボス」などはインパクトがある。

(委員長)裏面の参考資料の1番下にあるとおり、今挙げたようなキーワードをいくつ知っているか設問を設けていたが、なかなか浸透していない部分があるため、できるだけいろんな形で発信して、皆さんに理解していただきたいという活動を委員会で行っている。併せて、アンケートについてもご意見をいただければと思う。

(委員)キーワードに今話のあった「ダブルケア」などを入れた方がよいのではないか。

(委員)パネル展の話に戻るが、今回挙がっている4つのテーマ全てを扱うのではなく、この中からどれかを選ぶということか。

(委員長)スペースにもよるが、2つテーマが貼り出せそうであれば複数でもよいし、1つに重点を置くということであればそれもありだと思うので、そのような意見もいただきたい。

(委員)「男女共同参画」と出ると、みんなピンとこないので、資料にあるキャッチフレーズがパッと出ると共感が得られ、見てもらうことができるのではないかと思った。

(委員長)このキャッチフレーズはパネル展示でも利用することはできるのか。

(事務局)利用は可能である。

(委員長)アンケートについてはどうか。先ほど意見でいただいた内容を加えて進める形でよいか。-了承-

(委員)パネル展については、スペースの問題もあるのでテーマを絞った方がよい。「ダブルケア」や、市長への提言にも挙げた「ワーク・ライフ・バランス」も大事な項目だと思う。また、「ダイバーシティ」、多様化も最近出てくるものなのでこちらを踏まえたものもどうかと思う。

(事務局)一度いただいた意見を踏まえ、案をまとめて一度確認していただくという形とさせていただきたい。

 

4.男女共同参画推進フォーラムについて

-資料5を基に事務局より説明-

(委員長)毎年実施しているが、例年高齢の方が多く、若い世代の方・ご夫婦の方に参加していただきたいとずっと思っていたが、前回それが達成できた。できれば、幅広い層を対象にできるテーマがよいと思う。

(委員)来てほしい世代にアピールできるテーマがよいと思う。

(委員)例えば若い男性に来てほしいということであれば、イクメンみたいな感じで認知度のある方とかはどうか。

(委員長)実際に自分がこういう内容だったら行きたいということを考えていただいたら分かりやすいかと思う。

(委員)今までどういう方が来ていたのか。

(委員長)落語家の方に介護をテーマに話していただいた回や、災害時における女性の役割、ワーク・ライフ・バランス等をテーマに話していただいた。

(委員)オリンピックの年なので、比較的若い方にも知られているスポーツ選手等もよいのではないか。いろんな世界で活躍しているので希望や勇気などが出る話をしてもらうのもよいのではないか。

 

5.視察先の検討について

-資料6を基に事務局より説明-

(委員)男女共同参画というテーマから会社を選ぶことも1つかと思うが、「この会社って輝いている」といった企業をピックアップすると、その裏には男女共同参画のテーマがかなり考えられていたり、関係していることがあるので、日常の中から意見が出てくると面白い気がする。

(委員)内閣府で主催している企業の表彰がインパクトのあるものだが、そのあたりから選択していくのもよいかと思う。

(委員長)市の男女共同参画推進委員会だからこそ立ち入れる部分もあるし、身近なところでテーマを探すのもよしだと思うので、こちらについても2回目以降の委員会で意見をいただきたい。

 

6.その他

事務局より、男女共同参画推進計画改定の年度となっている旨説明を行う。

・フォーラムのテーマ等、また視察先についても6月7日までにメールで事務局にいただければ、次回の委員会までに候補を示す形にしたい。

・次回以降の日程については、第2回を10月2日(水曜日)、第3回を12月18日(水曜日)にそれぞれ決定する。

 

<閉会>