1 日時

平成24年11月7日水曜日 午前10時30分~午前11時30分

2 場所
  市役所特別会議室
3 出席者

委 員 長  市民生活部長  水野 穰

副委員長 地域活性課長  上田 博記

委  員 

     岩戸地域センター運営協議会

      会 長    﨑山 泰旦

      副会長    中川 清孜

      副会長    進藤 実

      総務部長   荒川 敏雄

      事業部長   清水 恭子

     岩戸町会

      副会長    近藤 敏明

      副会長    長尾 秀也

      総務部長   肥後 吉郎

      会 計    野崎 弘

     安心安全課長  鈴木 実

     管財課長    岩渕 一夫 

事 務 局  

     岩戸地域センター運営協議会事務局

      事務局長   松本 茂夫

     管財課 

      係 長    石田 吉靖

      主 事    矢崎 康一

      主 事    菊池 晋太郎

     相和技術研究所 2名

     地域活性課

      課長補佐   安江 真人

      主 事    海老原 悠輔

      主 事    吉原 縁

4 欠席者
  委  員 岩戸町会会長  中野 四郎
5 提出資料

・第2回岩戸地域センター建替検討委員会会議録

・岩戸地域センター・第五分団器具置場の設計コンセプト(案)

・岩戸地域センター運営協議会立替プランに対する要望

・岩戸町会立替プランに対する要望

・岩戸地域センター・第五分団 スケジュール

6 会議の結果

1 開会(午前10時30分開始)

 

2 委員長挨拶

・水野委員長よりあいさつ

・委員の過半数が出席していることから、委員会が有効に成立していることを確認

 

3-(1) 前回議事録の確認(事務局より) 

 前回議事録の配布。修正がある場合平成24年11月16日(金)までに事務局へ。

 

3-(2) 基本設計におけるコンセプト案の確定

 第2回岩戸地域センター建替検討委員会(以下「検討委員会」とする)で出た意見を基に作成した「岩戸地域センター・第五分団器具置場の設計コンセプト(案)」について委員に了承いただき、コンセプトとして確定した。 

 

3-(3) 要望に基づき作成されたプランの検討

○事務局より説明

 岩戸地域センター・第五分団器具置場の設計コンセプト(案)の2-1、2-2が要望に基づいて作成したプランである。
 岩戸地域センター運営協議会(以下「運営協議会」とする)からの要望である地下に関する要望については反映している。1階の建物の位置については、北側斜線や隣地境界等の問題など現在のプランが限界であるため、そのままとした。自転車の駐輪台数については28台程度確保できるように見直しをした。
 岩戸町会(以下「町会」とする)からの要望については、基本的には事務局が提示した図面で了承いただいているが、現在管理人室を事務所と兼用する形となっている。管理人室の取り扱いについては町会で検討いただいたと思うので、後ほど補足説明をお願いしたい。

 

○検討事項1「2階の会議室Bの和室対応について」

事務局 :運営協議会からの要望にある「会議室Bはスタイロ畳の和室仕様」という表現だが、スタイロ畳の場合、基本的に普段はシート等の洋室となり、和室仕様というと普段は和室となるが、どちらをイメージしているか。

委員  :スタイロ畳をイメージしている。

事務局 :普段和室として使用することが多いようであれば、例えば和室仕様にして、会議室Aとつなげて使用する場合に和室部分をステージとして使用することもできるが、どうか。

委員  :ステージとするのであれば、20cm程度の段差では低すぎる。また、会議室Aと会議室Bの間に段差は設けずに、会議室Bにスタイロ畳を敷く仕様がよい。

 

○検討事項2「3階のトイレについて」

事務局 :3階のトイレを男女兼用として調理室の面積を増やす検討案A(以下「A案」とする)と、トイレを無くしてしまう検討案B(以下「B案」とする)の2案がある。B案の場合、3階には共用トイレがなくなるため検討していただきたい。

委員  :運営協議会としてはB案を希望するが、町会と協議して折衷案を考えたい。また、調理室のそばにトイレがあることに抵抗があるという意見が多い。

副委員長:トイレの位置を移動することはできないのか。

相和技術研究所:
町会部分の面積が現在149.04㎡に対して現在の設計上149.5㎡なのでこれ以上縮めることはできないことから、移動させることは難しい。

委員  :町会として、管理人を置くかどうか、トイレの設置をするかどうか11月16日に役員会を開くので、そこで決めさせていただきたい。

副委員長: 本日は要望を反映させた図面を確認していただき、確定するために集まっている。11月16日の町会の役員会で管理人室の取り扱い及びA案、B案どちらを希望するか決め、その結論をもって11月17日または18日に運営協議会と町会で話し合いをし、11月19日に結論を事務局にご連絡いただきたい。第4回検討委員会は確認のみとなるよう、お願いしたい。

事務局 :参考までに、管理人室を置くという場合、トイレに前室を設けてそこを介して他の部屋からもトイレが使用できるという対応もできる。

 

○今後の日程について

事務局 :11月19日に結論をいただいた後、部屋の内装や設備について運営協議会と町会それぞれ個別に相談させていただきたい。具体的に伺ったうえで設備等を含めた図面にし、次回検討委員会で承認をいただくことになる。当初は今回の検討委員会で図面を確定し、その後市民説明会を行い、第4回検討委員会で最終案を提示する予定であった。第4回検討委員会では再度図面を確認していただき、それをふまえ市民説明会にのぞみたい。

 

○工事等のスケジュールについて

事務局 :「岩戸地域センター・第五分団スケジュール」は現段階での予定スケジュールで、実際に設計や工事の段階で数ヶ月程度前後する可能性もあるので、ご了承いただきたい。平成26年度内に工事を終わらせて、平成27年度からは新しい施設で運営開始していただけるように考えている。

 

○まちづくり条例について

事務局 :岩戸地域センターはある一定規模の建物であり狛江市まちづくり条例に基づく事前調整をしている。現時点で、清掃課からの協議事項として「現在、管理人室のごみを一般ごみで出していただいているが、本来は事業系ごみになるので、建て替え後は事業系ごみ専用のゴミ袋で出してほしい」という要望が挙がっている。

  

3-(4) 次回日程について

平成24年12月20日(木)に決定した。

 

3-(5) その他

委員  :岩戸地域センターは平成25年12月末まで使用できるのか。

事務局 :1月から既存建物撤去となり、その前に引越があるので、一か月程前の11月末頃から休館対応していただくことになる。

委員  :安全面に配慮した、業者選定をお願いしたい。

事務局 :業者選定については、公平性の観点から入札になる。ただ、どういった業者でも質を確保して不備がないようにするのも管財課の仕事だと思っており、できる限り対応させていただくので、今後お気づきの点やアドバイス等あれば、いただきたい。

 

4 閉会(午前11時30分終了)