1 日時

平成25年3月6日水曜日 午前9時30分~10時30分

2 場所
  市役所502・503会議室
3 出席者

委 員 長  市民生活部長       水野 穰

副委員長 地域活性課長       上田 博記

委  員 

     岩戸地域センター運営協議会

                  﨑山 泰旦

                    中川 清孜

                    進藤 実

                  荒川 敏雄

                  清水 恭子

     岩戸町会

                    長尾 秀也

                  肥後 吉郎

                  野崎 弘

      管財課長        岩渕 一夫 

      安心安全課長      鈴木 実

事 務 局  

     岩戸地域センター運営協議会事務局

      事務局長        松本 茂夫

     管財課 

      係 長         石田 吉靖

      主 事         矢崎 康一

      主 事         菊池 晋太郎

     相和技術研究所 1名

     地域活性課

      課長補佐        安江 真人

      主 事         海老原 悠輔

4 欠席者

 

  委  員 岩戸町会       中野 四郎

                  近藤 敏明

5 提出資料  

・第5回岩戸地域センター建替検討委員会議事次第

・第4回岩戸地域センター建替検討委員会議事録

・市民説明会での意見まとめ

・市民説明会での意見に基づき修正されたプラン

6 会議の結果

1 開会(午前9時30分開始)

 

2 委員長挨拶

・水野委員長よりあいさつ

・委員の過半数が出席していることから、委員会が有効に成立していることを確認

 

3-(1) 前回議事録の確認(事務局より) 

 前回議事録の配布。修正がある場合事務局へ。 

 

3-(2) 市民説明会における要望に基づき作成されたプランの検討

○事務局より概要説明

地下1階から地上2階までは変更がなく、地上3階部分については市民説明会でいただいた意見により、地域センター部分にトイレを2基設置し、調理実習室と町会の第1会議室の間に避難扉を設置した。

この2点については市民説明会でも強く要望があり、市としても設置をする必要があると判断し、2月19日の市民説明会後の担当者打合せで、設置をする方向でお話をし、岩戸地域センター運営協議会(以下「運営協議会」)、岩戸町会(以下「町会」)にもご理解をいただいている。 

 

○検討事項1「避難扉の鍵について」

委員 :避難扉の鍵はどのようなものを考えているのか。

事務局:これまでに非常時にしか使わないようにという意見が多数あったため、基本的にはプラスチックカバーを割って使用するものを考えている。 

 

○検討事項2「EPSの点検用扉の設置場所について」

委員 :EPSは公共の場所のため、町会側の廊下ではなく公共の場所に点検用扉を設置する方がよいのではないか。町会部分は、休館日を定めて閉めるように考えているため、配慮してもらいたい。現在は誰でも入って書類などを見ることができてしまう状況のため、建替え後は休館日には扉を閉めて町会関係者以外は入らせないという対応を考えている。

事務局:EPSの扉に関しては、他の位置へ設置をすると階段側となり、防火扉の裏側への設置となってしまうため、現実的ではないことから現在の位置にした。休館日に何かが発生した場合の懸念は当然だと思うが、EPSに入るのは基本的に定期点検の際になるため、その場合は事前の連絡で対応ができると思う。また、建物自体は市が管理をしているため、町会のスペースについても市が責任を負っていることになる。万が一何かが発生した場合は、休館日であっても市が入れるような形の取り決めをさせていただき、マスターキーで入らせていただくこととなる。

委員 :PSからEPSに入るということはできないか。

事務局:PSは給排水管、EPSは電気の管が通っているため分けないといけない。ただ、EPSを開けることはほとんどない。

委員 :町会部分の休館日は今までなかったのか。

委員 :今までもあったが、休館日も人が自由に出入りできる状態だった。

事務局:町会の休館日はいつなのか。

委員 :火曜日だ。

事務局:地域センターと町会の休館日を同じ日にすれば建物自体が完全休館になるため、それでよいのではないか。その際は市と運営協議会と町会で調整をさせていただければと思う。

 

○検討事項3「トイレおよび家具について」

事務局:男子トイレと女子トイレには子ども用のチェアを、女子トイレにはベビーベッドを設置している。前回の説明会でトイレは3つ程度にしてほしいという要望があったが、間口の関係で難しい。また、今回家具についても想像の範囲で載せたが、こちらは今後の実施設計で配置等を含めて検討していきたいと思う。

  

○検討事項4「第2会議室の扉について」

委員 :第2会議室の扉が内開きになっているが、外開きにしてもらえないか。

事務局:第2会議室の扉について、外開きは急に開いてしまって怪我をする心配があるため、引き戸にしてはいかがか。引き戸は車いすの方も開けやすいなど、バリアフリーの観点から見ても悪くない。

委員 :引き戸の防音性はいかがか。
 

事務局:開き戸の方が密封性があるため、防音性は劣る。

委員 :引き戸で結構だ。
 

事務局:管理人室と第1会議室・第2会議室は引き戸で確定する。

委員 :車いすの利用を想定するなら、もう少し扉の幅を広くしないと使えないのではないか。

事務局:有効で850ミリメートルのため十分通れる。倉庫兼作業室は安全の観点から内開きにしたいがそれでよろしいか。

委員 :了承した。

 

○検討事項5「防火水槽の活用について」

委員 :地下1階の防火水槽の水を、災害時に消火栓用として使用できるような機能はつけられるのか。

相和技術研究所:
今回の建物は特に耐火性能が優れた構造体になっているため、消防法令では消火栓は設置免除となっている。

委員 :非常時に飲料水として使えないか。

事務局:防災備蓄倉庫があるため、飲料水はそちらに備蓄していただきたい。防火水槽の水を濾過・殺菌処理をして飲用水にするまでには大変な費用と時間がかかる。

 

○検討事項6「会議室の防音について」

委員 :市民説明会で、会議室の防音について要望が出たため、できるだけ防音性がある材料を使うようにした方がよいのではないか。

事務局:予算の範囲内で取捨選択をすることになる。

 

 

3-(3) その他

特になし

 

4 閉会(午前10時30分終了)