1 日時 平成26年5月27日(火曜日) 午後6時30分~8時
2 場所 防災センター302・303会議室
3 出席者

委員長 熊井利廣

副委員長 中川信子

委員 義山直、石黒佐和子、粟野佐代子、石田教子、松坂誠

事務局(書記)上田保育園民営化担当理事兼児童青少年課長、垣内民営化担当主査(児童青少年課)

4 欠席者 なし
5 議題

 1.議事

(1)第1回の委員発言の訂正について

(2)公募要項(素案)について

   宮前保育園から引継ぐべき保育について

(3)その他

6 提出資料

【資料1】素案に対する委員意見 [91KB pdfファイル] 

【資料2】(素案)狛江市立宮前保育園民営化に係る運営法人公募要項 [718KB pdfファイル] 

【資料3】市内認可保育園の現状 [208KB pdfファイル] 

【資料4】公立保育園耐震改修等による定員変更 [55KB pdfファイル] 

【資料5】職員配置条件(各市ホームページより) [108KB pdfファイル] 

【資料6】園庭開放・育児相談・体験 [149KB pdfファイル] 

【資料7】一時保育実績 [56KB pdfファイル] 

【資料8】指定管理者の再指定 [242KB pdfファイル] 

【資料9】宮前保育園の特徴 [202KB pdfファイル] 

7 会議の結果

 ◆議事(1)第1回の委員発言の訂正について 

 

委員:前回の会議の中でファミリー・サポート・センター事業はどうなりますかという質問で、仮園舎の方に行き、そのまま子ども家庭支援センターが入るまでいるという言い方をしたのですが、契約関係や子ども家庭支援センター用の内装工事もあるため、今のところ、新しい児童館が完成した時には一旦戻ることになります。この辺はもう一度再検討させていただきます。前回の発言を訂正させていただきます。

 

 ◆議事(2)公募要項(素案)について

      宮前保育園から引継ぐべき保育について

 

○事務局より、資料2を用いて公募要項(素案)の変更点について説明。審議事項に関する資料として配布している資料1及び3~8について説明

 

委員長:資料がたくさんありますが、今日とにかく公募要項の素案の議論が中心ですので、資料はいろいろ参考にしていただければと思います。民営化にあたって法人独自の保育方針よりも宮前保育園の保育内容を継承するということもありますから、公立保育園の現状というか、良さを確認する作業を最初にした方がいいと思います。最初に宮前保育園長からご説明いただけますか。

 

○宮前保育園長より、資料9を用いて現状の公立保育園としての宮前保育園について説明

 

委員長:ありがとうございました。実際の選定にあたって参考になるお話だったと思います。公募要項の素案についての議論ですけども、資料1について私が出した意見ですので説明いたします。

 応募資格において、東京都及び神奈川県に本拠を置きとありますが「埼玉県及び千葉県」を追加すること。設置及び運営に関する重要事項の指定期間の5年は、事務局の変更で良いと思います。現状と民営化後の比較における父母会は、あるなしではなく「保育園として父母会への支援・協力」に。それから、「保護者の総意による」というのを「支援・協力関係は引継ぐことを基本とする」を追加。選定の基準に「民営化移行後一定期間を経過し三者協議会が解散した後、運営法人独自の保育方針に接続するにあたって保育内容が急激に変化し子どもに過度の負担がかからないようにすることができるか」を追加。法人の自由提案については、保育カリキュラムよりもう少し上の理念とか方針を聞かせてほしいということ。それから、応募について「三者協議会解散後の保育内容について」を項目に追加し「民営化移行後一定期間が経過し三者協議会が解散した後、運営法人独自の保育理念や保育方針にどのような接続をしていくかについて説明すること」を入れるということです。

 

委員:良いと思います。

 

委員長:では、指定期間5年はそのままで事務局案のとおりとします。

 

副委員長:小学生クラブの定員ですが、40名以上の場合は分割という条件がありますが、60人となっていることはとても了解できますが、年によって障がい児がすごく多い年とそうではない年があります。手のかかる、あるいは障がい児の人数によってもかなりこれは違ってくるかと思います。ここで60人って書いてしまって大丈夫かと気になります。定員は増やさなければならないことは重々分かるのですが。

 

委員:今は50人ですが、国の法令で学童クラブの人数は概ね40人という規定が出てきたこともあります。しかし、40人にするとやはり待機児がどうしても出てしまいます。小学生クラブはすごい人気です。ここの定員を減らすのはやはり厳しいところがあります。50人を2クラスに分けると25人・25人ということで、これも効率が悪くなるのではないかと。とは言え、40人を2クラスで80人というとこれもまた規模が大きくなりすぎる。と言うところで概ね60人位としました。建物自体も今の規模より大きくはできないと思いますので、そうすると今の大きさからやはり60人程度というふうな数字になると思います。

 

委員:一時保育の生後57日目から就学前までを対象として、定員が3人以上ということですが、小さい年齢は差が激しいので、0歳も預かって大きい子も預かってでは大変なので、ここは今の0~2歳までと3~5歳に分けた方が良いと思います。

 

委員:現状の一時保育は、年齢別に定員を定めているのですか。

 

委員:市内ではそうですが、例えば他の区市町村では、空き定員を利用して大きい子を入れている例もあります。低年齢児については一部屋用意し、大きい子は各クラスに入れる方法もあります。

 

委員長:なかなか難しい議論ですね。法人にどのようにやってもらうか。ただ、みる側も大変、もちろんみる側が大変であれば子どもだってきちんと保育してもらえるかどうかと。子どもの立場に立てばちょっとかわいそうでもあります。

 

委員:法人に提案していただくというのもひとつの手ではないかと思います。例えば部屋を2部屋用意してやる方法ももちろんあるでしょうし、やはり低年齢児しかできないのであればそれで提案してくるでしょうから。その辺の提案を見るというのもひとつの手じゃないかと思います。

 

委員長:委員がおっしゃられたとおり、いろんな意見がありますので、一応提案を見て、より子どもに、あるいは一時保育を利用しようとする保護者のニーズに応えられるかどうかとを見極めて決めていくということにさせてください。

 

委員:保育時間ですが、延長保育を含めて午前7時から午後9時15分の間で13時間以上ということですが、他の区市町村で午後9時15分まで受け入れているところはあるのですか。

 

事務局::今、手元に資料はないのですが、夜間保育、トワイライトと言ったような保育をやっているところもございます。午後9時や10時までの保育園はございます。

 

委員長:応募法人が無かった場合のことや1法人しか来なかった場合でもプロポーザルをやるのか。やった場合の点数の最低ライン。例えば100点満点で60点は満たした法人でないと不可とするかなどの考えはありますか。

 

事務局:1法人しかない場合は一定の基準のクリアを考えています。また、応募法人が無かった場合は、再公募しかありえませんので公募の仕方を再度検討してやり方を変えることになろうかと思います。

 

事務局:第1回の時にお配りした資料で、宮前保育園の説明会の時に保護者の方からいただいたご意見が2点ございます。同一社会福祉法人に勤務した年数を設定した方が良いのではないかということ。小学生クラブの三季休業中の開始時間についての2点をご審議いただきたいです。

 

委員:同一社会福祉法人に勤務した年数を設定して欲しいと言った保護者の方はなぜそう思ったのでしょうか。

 

副委員長:同じ社会福祉法人に勤務した年数が長いということが保育士としての条件にはならないと思います。保育士のベテランから中堅・新人と本当にバランス良く配置されていて園全体としてうまく動いていくということが大事だからです。何年以上の人ばかりを配置しなければならないと縛ることも、次の世代の人たちを育てていくというところでまた一斉退職してしまい大変ということもあります。バランスがとれた配置がされるようにという事務局の案で良いのではないかと思っています。

 

委員長:主任保育士には一定の枠を設けていることを考えれば、私もバランス重視で、あとはプロポーザルの中でどういった提案がなされてくるかということを大事にするということで。これで良いのではないかと思います。

 

委員長:三季休業中の開館時間についてはいかがでしょうか。

 

委員:私は事務局案で出しているとおりで良いと思いますが。どうでしょうか。

 

委員長:では、事務局案でこの委員会としては了承としたいと思います。

 

事務局:本日ご審議いただきました内容を宮前保育園と和泉児童館をご利用の保護者のみなさまを対象とした説明会で説明します。説明会で何かご意見があれば第3回にまた持ち帰ることを考えています。

  

委員長:第3回は公募要項の素案の確定、選定の方法、基準の点数などを決めることになります。次回6月19日です。本日はありがとうございました。