1 日時

平成28年4月22日(金曜日)午後6時35分~8時30分

2 場所

防災センター302会議室

3 出席者

委員     

井上健二(委員長)、神村佑、池座俊子(副委員長)、大矢美枝子、宮川實、佐藤高志、森本浩一

 

事務局   

環境政策課長        中山 浩志

環境政策課環境係長     立花慎一郎

環境政策課環境係主事    小口 隼人

              関山 舞

4 欠席者

委員 松川甚太

5 資料

資料1 平成27年度環境保全実施計画推進委員名簿

資料2 各ワーキンググループの活動報告資料

資料3 市民環境バスツアー概要

資料4 平成27年度(第43回)狛江市環境月間こまエコまつりへの出展内容について

6 議題

委嘱状授与

   1 狛江市環境保全実施計画推進委員(市民委員)の委嘱

   2 委員長、副委員長の選出

報告事項

1 各ワーキンググループの活動内容について

審議事項

1 市民環境ツアーについて

2 平成28年度狛江市環境月間こまエコまつりへの出展内容について

7 議事

  

委嘱状授与式

1 狛江市環境保全実施計画推進委員(市民委員)の委嘱

(事務局 資料1により説明)

・委嘱状の授与

2 委員長、副委員長の選出

(委員)

・委員長を井上委員、副委員長を池座委員に推薦したい。

(委員)

・一同異議なし

 

報告事項

1 各ワーキンググループの活動内容について

緑ワーキンググループ

(委員 資料2より活動内容を報告)

・こまエコまつりに道沿いガーデン見学会での写真を展示するにあたり作業スペースの確保をお願いしていたが、会議室に空きがなかったため作業日を5月25日から5月27日502会議室で行うことに変更した。

・今年度の活動日について、第一火曜日午後に参加が難しいメンバーがいたため、第一月曜午後1時からに変更した。

エネルギーワーキンググループ

(委員 資料2より活動内容を報告)

(委員)

・電力自由化について発電施設がない小売業者も参入しているが、それについてはどうなのか。

(委員)

・顧客は昼間の時間帯は太陽光発電している安い小売業者から買い、夜間は東京電力から買う。

・今年度のエネルギーワーキンググループの活動日程表を頂きたい。

(事務局)

・後日メールで送付する。

 

 

 

審議事項

1 市民環境ツアーについて

(事務局 資料3により説明)

(委員)

・エネルギーワーキンググループで提案している、茅ヶ崎オヒサマクレジット、フェリス女子大学の「エコキャンパス」及び、製鉄工場の見学と書いてあるが、これらの見学先であると、関心のある人は行きたいと思うが、関心の無い人は行きたがらないと思う。

(委員)

・上記のような場所は環境施設視察研修会の際に行った方がよい。

(委員)

・事務局としてはなにか案は考えているのか。

(事務局)

・事務局としては二つ考えている。一つ目として、世田谷区が所有しているみうら太陽光発電の見学と藤沢にあるサスティナブルシティ(スマートタウン)又は観音崎公園の見学、二つ目が千住にあるスマートタウンの見学と周辺博物館の見学を考えている。

(委員)

・このツアーは誰を対象としているのか。

(事務局)

・主に若い層の市民である。

(委員)

・世田谷区のみうら太陽光発電所は何があるのか。

(事務局)

・広い敷地に太陽光パネルが置いてあり、見学することができる。

(委員)

・若い層(子ども)を対象として、三浦の方面であれば「みずのがっこう」という体験ツアーもある。

(事務局)

・「みずのがっこう」も詳細を調べ検討する。

(委員)

・子どもを対象としているのであれば時期的には7月下旬から8月上旬がよいのではないか。

(委員長)

・世田谷みうら発電所、観音崎公園、みずのがっこうの意見を検討項目に踏まえ、事務局で簡単なルートの作成をしてほしい。

(事務局)

・作成し、次回の委員会で報告する。

 

2 平成28年度狛江市環境月間こまエコまつりへの出展内容について

(事務局 資料4により説明)

(委員)

・稲藁を用いた民具づくりのスペースはどのように設置する予定か。

(事務局)

・長机二つ用意し、市民にまわりに座ってもらい、学生を含めた講師が教える。

(委員)

・推進委員会のゴーヤの苗の配布と稲藁を用いた民具づくりのブースを近くにした方がいいのでは。

(委員)

・稲藁を用いた民具づくりのブースについて、補足説明すると、稲藁でできたほうきの作成及び、ほうき、ホタルカゴの販売を行う。

・手ぼうきの作成の価格は500円である。

・材料はどれくらい用意すればよいか。

(事務局)

・来客数が読めないため、多めに用意することはないが、最大でどのくらい用意できるか。

(委員)

・20個である。

(事務局)

・20個でよいと思われる。

(委員)

・資料4の番号3にあるエネこま報告会と記載があるが、「親子でつくろう発電する風車~電気エネルギーってなに~」という体験教室も開設する。(時間は未定)

(事務局)

・ゴーヤの苗の配布について、他の苗も配布するか。

(委員長)

・ゴーヤも配布するが、フウセンカズラも栽培し、芽がでてきたら配布する。

・5月2日午後2時から委員長宅で種まきをするので、道具の購入をお願いしたい。(予備日は5月9日午後2時から)

(事務局)

・5月2日までに購入しておく。

(委員)

・清掃課のおもちゃ病院と家電回収の配置はどのようになっているのか。

(事務局)

・清掃課本部とおもちゃ病院を同じブースに置き、小型家電のトラックを近くに置く。

(委員)

・狛江市で4R運動を行っているのか。

・こまエコまつりでPRしたほうがいいのではないか。

(事務局)

・今回はフードバンクのブースを設置しているので、そこでPRできると思う。

・パネルの数は緑、エネルギーワーキンググループ3枚ずつ用意している。

(委員)

・資料4にある18番のリサイクル自転車抽選会はリユースで間違いないのか。または、リサイクルの標記でいくのなら自転車なので、リ・サイクルとかけてはどうか。

(事務局)

・正しくは、リユースです。リ・サイクルとかけるのも検討する。

(委員)

・資料4にある13番の木を砕いたチップの配布も「腐葉土としても使えます」などひとひねり加えて欲しい。

(事務局)

・タイトルについて検討する。

(委員)

・チップはどのくらいできるのか。

(事務局)

・剪定する量に左右されるためどのくらいできるかは不明である。

 

3 その他

環境新聞の回覧

(意見なし)

 

第2回環境保全実施計画推進委員会

平成28年5月27日(金曜日)午後6時30分~ 防災センター302会議室