1 日時

平成28年8月26日(金曜日)午後6時35分~8時15分

2 場所

防災センター302会議室 

3 出席者

委員     井上健二(委員長)、神村佑、宮川實、大矢美枝子、森本浩一

事務局    環境政策課長 中山 浩志

環境政策課環境係長     立花慎一郎

環境政策課環境係主事    関山 舞

              

4 欠席者

委員 池座俊子(副委員長)、松川甚太、佐藤高志

5 資料

【資料1】市民環境ツアー実施報告

【資料2】環境表彰制度について

【資料3】第5回小学生環境サミットについて

【資料4】平成28年度環境施設視察研修会について

【資料5】平成28年度環境講演会について

6 議題

報告事項

1 各ワーキンググループの活動内容について

2 市民環境ツアー実施報告について

3 環境表彰制度について

4 第5回狛江市小学生環境サミットについて

審議事項

1 平成28年度環境施設視察研修会について

2 平成28年度環境保全推進講演会について

3 その他

7 議事

  

報告事項

1 各ワーキンググループの活動内容について

緑ワーキンググループ

(8月は定例会が休会のため報告はなし)

エネルギーワーキンググループ

(8月は定例会が休会のため資料での報告はなかったが、個々の活動について口頭での報告)

 

2 市民環境ツアー実施報告について

(事務局 資料1により説明)

(委員)

・資料1より、子どもの参加が少なかった。

・参加している方の意見で以前見学した観音崎灯台を見たいという人が多かった。

・ルートについて、高低差が激しく高齢者にとっては歩くのが大変だった。

・ルートの中で特に、観音崎灯台に行くまでの道が坂で大変だった。

・ツアーの当初、最後まで歩けないのではないかという意見もあったが、大勢で登ることで、最後まで歩くことができた。

・事務局からも参加があったが、参加しての感想を聞かせてほしい。

(事務局)

・ツアー当日は暑く、熱中症にならないように注意した。また、高齢者にとっては厳しい道のりであることも考えられたため、ツアー募集の際に、参加するにあたりかなり歩くことになるという旨の記載もすれば良いと思った。

・天候には恵まれて良かった。

 

3 環境表彰制度について

(事務局 資料2により説明)

(委員)

・年々、応募者が減少しているため、取組みを平成28年度も継続していたら前回応募された方も再応募していただいても良いのでは。

・また応募された方で、その取組みを何年もずっと継続しているなら、賞を与えても良いのでは。

(委員)

・最優秀賞受賞者以外は再度応募することはできるようになっているため、応募はできる。

(委員)

・一回目応募された方で二回目を辞退する方が多かった。

・応募者を増やすために受賞者の声を取り上げても良いかもしれない。また、他の活動をしながらも環境保全に取り組んでいる団体にも声をかけたほうが良いのでは。

・どの部分を評価して賞を与えたのかというのはホームページ等で公表しているのか。

(事務局)

・基本的には点数ベースにより評価しているため公表はしていない。

(委員)

・推薦書を書く際に書き方によっては評価するのが難しくなる場合がある。

・表彰された方の声を聞いたが受賞したことが励みになったと言っていた。

・エコパートナーの方に身近に環境保全に取り組んでいる方を推薦していただいても良いと思う。

・採点に関して、5段階評価の採点の目安が効果があるかないかで表現されているため、その取組み自体に効果があるかどうか考えてしまう。

(事務局)

・採点の目安については、評価項目から5段階評価をつける際に0から5がどんな意味があるかわかりやすくするために考えたものである。

・採点は従来通りの方法で行う。

 

4 第5回狛江市小学生環境サミットについて

(事務局 資料3により説明)

(委員)

・今回、提出された小学校のなかには、表彰制度の内容に関係がある学校もあるかもしれないので、周知をした方がいいと思う。

(事務局)

・周知したいと思う。

 

審議事項

1 平成28年度環境施設視察研修会について

(事務局 資料4により説明)

(委員)

・東京廃棄物埋立て処分所のみだと見学時間が1時間30分と、短すぎではないのか。

・スーパーエコタウンの見学は、エコプロ2016と共催となっているがこれはどういうことか。

(事務局)

・スーパーエコタウンはエコプロ2016の一環で実施している。

・スーパーエコタウンの見学を予約すると、エコプロ2016の会場での見学となるが、終日スーパーエコタウンのブースを見学することとなるため、エコプロ2016の会場の他のブースを回れない可能性がある。よって、エコプロ2016の会場にてスーパーエコタウンのブースを周囲から掻い摘んで見学する形をとることで様々なブースを見学ができるようにしたいと考えている。

・エコプロ2016の会場は国際展示場であり、また、東京都廃棄物埋立処分場もテレコムセンターであるため、この二つは隣接している。スーパーエコタウンはエコプロ2016の会場で見学できることから、埋立処分場とスーパーエコタウンとエコプロ2016をまとめて見学するのはどうか。

(委員長)

・これらの候補地一つ一つを見学すると時間が短いため、3つをまとめて見学しても良いと思うが、委員のみなさんの意見はどうか。

(委員一同)

異議なし

(事務局)

・日程については12月の8、9日のどちらかとなるが、ご都合はいかがか。

(委員)

・12月8日のほうが都合が良い。

(事務局)

・他に意見がないようなら、12月8日で庁用バスの予約をしたいと思うがどうか。

(委員一同)

異議なし

(委員長)

・それでは、視察研修会に関しては、午前中に東京都廃棄物埋立処分場を見学し、その後エコプロ2016に向かい、スーパーエコタウンのブースを含め様々なブースを見学することでよろしいか。

(委員一同)

異議なし

  

 

2 平成28年度環境保全推進講演会について

(事務局 資料5により説明)

 内容について

(委員長)

・緑ワーキンググループからガーデンデザイナーの大滝暢子氏に依頼してはどうかという提案がきているが、他に意見はあるか。

(委員)

・エネルギー関係の講演が聞きたい。

・エネルギー関係は講師が少なく、依頼するのが難しいところがある。

・身近な緑関係が良いと思う。

(委員長)

・今回、提案されている講師で調整する方向でどうか。

(委員)

 異議なし

 日程について

(委員)

・今回も表彰式と同日開催で良いと思う。

(委員長)

・今回も表彰式と同日開催で良いか。よければ、市長、講師の日程を確認するが、2月下旬の土日か、3月上旬の土日で調整するのはどうか。

(委員)

 異議なし

 

第5回環境保全実施計画推進委員会

平成28年10月28日(金曜日)午後6時30分~ 防災センター302会議室