1  日時 平成29年12月13日(水曜日)午後7時~8時30分
2  場所 防災センター402会議室
3  出席者

委員 西山偕子 菊池正明 髙田礼子 今田緑 下田禎敏 平野竜智 石黒昌和 

事務局 政策室協働調整担当 大脇瑶子 石由貴

傍聴者 なし

4  欠席者 欠席者 委員 松坂雄一 谷田部和恵 山口正隆
5 議題

 

1.開会

  ・出欠の確認

  ・前回会議録の確認

2.男女共同参画推進フォーラムについて

3.多摩3市男女共同参画推進共同研究会 第2回市民交流会について

4.視察結果について

5.平成29年度情報誌の発行について

6.その他

6 提出資料

平成29年度第2回狛江市男女共同参画推進委員会会議録

資料1 男女共同参画推進フォーラムについて

資料2 第2回市民交流会について [387KB pdfファイル] 

資料3 視察結果について

資料4 平成29年度情報誌(案) [156KB pdfファイル] )

その他資料 平成28年度男女共同参画推進計画進捗状況報告書

7 会議の結果

 

1.開会

・出欠の確認。

・配布資料の確認

-了承-

 

2.男女共同参画推進フォーラムについて

-資料1に基づき事務局より説明-

(委員長)控室にて、講師へお茶は提供できるのか。

(事務局)ペットボトルもしくは急須で用意する。控室は防災センター301会議室を使用したい。

(委員)昨年、講師が入場されていきなり写真を撮影された参加者がいた。事前に講師へ確認をお願いしたい。録音についても。ダメであれば貼紙とアナウンスを行いたい。

(委員)SNSへ投稿されたくない講師の方もいると思うので、そこも確認を。

(委員)講師へはサインをお願いできるのか、ファンは講演後に写真撮影ができるのかも確認をお願いする。

(委員長)役割分担にある「写真撮影」はどういう意味か。

(事務局)事務局にて講演全体の撮影をする。可能かどうか、情報誌に掲載できるかどうかも講師へ確認する。

(委員)去年は後方にアンプを置いたが、前方の参加者は聞こえるのか。二つアンプを借りられるのであれば、講師用に2つマイクを置いてはどうか。

(事務局)アンプが借りられるかどうか、講師の邪魔にならないかどうか確認する。

(委員)最初の司会によるアナウンスで、耳の遠い方は前一列をご利用くださいなどの案内を入れた方が良い。

(委員)アンケートは、自由記述欄をもう少し大きくし、書きやすいように行の点線などを入れると良い。

(委員)「新たに感じたことはありますか」の選択肢を削り、自由記述欄と合体させると良いのではないか。「ございましたら」は削り、「ご記入ください」のみで良い。

(委員)講演後にアンケート記入時間を設け、司会からアナウンスしてもらいたい。

(事務局)来場のきっかけについての問いにて、選択肢に「落語が好きだから」「介護をしているから」なども追加したい。

(委員)その問いは複数回答で良いと思う。

(委員)男女共同参画について興味のあるテーマを聞くのではなく、次回のフォーラムでやってほしいテーマを聞いた方が良い。また、「防災」が何の分野でも選択されやすくなってしまうため、削って良いと思う。書きたい方は、その他で書いていただく。

(委員)テーマについては、もう少し選択肢を増やしたい。家庭内の男女共同参画に関することだけではなく、社会のことについても項目を入れたい。例えば、「働き方改革」などの流行りのテーマを取り上げてはどうか。

(事務局)いただいた意見に基づき、修正を行う。

 

3.多摩3市男女共同参画推進共同研究会 市民交流会について

-事務局より説明-

(委員長)出席した委員より感想をお願いしたい。

(委員)海外の方を中心にディスカッションする形式だった。海外事情を聞くことができ、良かった。

(委員)海外の方とお話することができ、貴重な時間だった。

(委員長)Cグループに参加させていただいたが、ウズベキスタンとインドネシア、タイの方のお話を伺った。仕事のことも聞いたところ、タイ人は残業しないということだった。残業があると仕事を変えてしまうそうで、日本では考えられないことだった。自分のやりたいことを仕事にしたいとおっしゃっていた。また、外食が多いという話もあった。非常に興味深かった。

(委員)啓発物品の文字の印刷が「多摩3市男女共同参画共同研究会」のみのため、狛江市の名前も出せるよう工夫してほしい。

(事務局)第3回市民交流会では、西山委員長と石黒委員に講話をいただく。その他に、菊池副委員長、高田副委員長、平野委員にご参加いただく。

 

4.視察結果について

(委員長)視察に参加された方から、感想をお願いする。

(委員)いい企業を選んでいただいた。男女共同参画という切り口でお願いしたが、企業を見るときは、一つの切り口で見ていくと見落としが出てくるという印象を持った。様々な角度から解決に向けて手を打っているわけであり、それぞれの角度から話を見たり聞いたりしていかなければいけないと感じた。

(委員)講演会などでも学ぶことはあったが、今回の視察は新しい学びがあったと感じた。機会を与えていただいて感謝する。勉強になった点は、多様性についてである。非常に会社の取組みが前向きであり、仕組みにそれを組み込んで実践されている。国立市にてLGBTの取組みをされていて、多様性を認め合おうというフレーズで取組んでいるのはわかるが、いまひとつピンとこなかったところがある。それが今回の企業視察によって、多様性というのはわざわざ色んな方を取り込まなくても、我々自身に多様性があるのだということが認識できた。残業したい人もいれば早く帰りたい人もいるのであり、正にそれを認め合うのが第一歩なのだと感じた。

(委員)職場へ戻って社会保険労務士と話した。かなり先進的な取組みをしている会社なので全部が全部参考になるわけではないと言っていたが、業界の中でも有名な会社である。誰が休んでも情報を共有しているという点が、本当に素晴らしいなと感じた。仕事をしている中で、どうしても個人のデスクの中に物を入れ込んだりしてしまうことも多く、休みの人の代わりに誰かが対応するためにこそ、グループウェアが活用できるのだなと感じた。情報サービスではなく、人が人を介護する業界の場合、どうすればこのような形になるのかなと考えながら聞かせていただいた。

(委員長)離職率を下げるために働き方の多様化を目指して働きやすい環境の整備をしたというお話を聞き、残業時間、ワーク・ライフ・バランス、子育て、介護などにどのように対応しているのか興味を持った。働く場所も時間も選べるし、子連れ出勤も良いということで、緊急時の預け先がない場合において非常に重要と感じた。また、オフィスの中にブランコが設置されていて窓からはスカイツリーが見られ、職場の中でリラクゼーションの時間がとれるような試みをする会社は、男性にとっても女性にとっても働きやすい環境なのだなと感じた。この結果を、これからどういう風に狛江市内の企業に対して生かしていくかが課題だと思う。

 

5.情報誌の作成について

-資料4に基づき事務局より説明-

(事務局)情報誌の5ページ目に、パネル展・シールアンケートと狛江高校へのアンケート結果について掲載したい。3、4ページの分量を、サイボウズの視察のみにするか、取材も入れるかご意見をいただきたい。

(委員長)地域の方を取材することによって情報誌に対する関心度も変わると思うため、取材は行ったほうが良い。

(委員)基本は狛江の中の企業を選ぶことが条件だと思う。郵便局などの誰もが知っている職業や公共的なところから探すか、少しでも新しいことに挑戦している会社を探すかのいずれかではないだろうか。挑戦している会社を探す場合は委員会が選ぶのではなく、どこかが優良企業として選出した企業を掲載させていただくような形が良いと思う。

(委員)狛江市ではないが馴染みのある小田急電鉄や小田急バスなど、交通機関で働く女性も良い。女性の運転手など。

(委員長)商工会も企業を知っていると思うので、ご紹介いただくのも良いだろう。

(委員)慈恵医大第三病院の男性看護師も良いのではないか。

(委員)職場の方にとっても読む人にとっても楽しい記事にしていきたいという情報をあちこちでばら撒いておけば、次の取材先を探す際に役立つのではないか。

(委員)そこから市内企業の表彰に繋がる可能性もある。企業のPRにもなる。

(委員)狛江市の指定金融機関であるみずほ銀行も良いのではないか。女性管理職も多く、毎週早帰りを実施していたりする。時間があまりないため、頼みやすいところへお願いするのが良い。

(委員)裏表紙のカウンセリング・心の相談のカウンセラーに女性と記載されているのは、男女どちらも相談しやすいように削った方が良いと思う。

(委員)取材先への質問項目については、サイボウズで出てきた項目をなぞっても良いだろう。

(委員)取材した人の働いている感想などを聞くと良いだろう。企業の取り組みだけにスポットを当てなくても良い。

(委員)取材記事に企業の紹介も付随されてくると良い。

(委員長)サイボウズの他に、取材は1箇所とする。取材先は事務局で調整いただき、決定後に同行者を募る。

 

6.その他

・平成28年度男女共同参画推進計画進捗状況報告書について、次回会議の時に、内容についてご意見を伺いたい。

・平成29年11月22日(水曜日)に初めてのまなび講座を実施した。時間が短かった点とテーマが幅広かった点が課題と感じた。来年度は実施内容について修正を行いたい。

・委員長の取材記事が1月1日号のわっこに掲載される。委員会活動の紹介を行った。

・第4回委員会は平成30年3月6日(火曜日)午後7時から開催。

 

<閉会>