届け出の種類 どこで 届け出に必要なもの 備考
国民健康保険の喪失
(国民健康保険に加入している人が他の健康保険に加入したとき)
保険年金課

1.会社の健康保険被保険者証または健康保険資格取得証明書

2.国民健康保険被保険者証・高齢者受給者証(70歳以上で高齢受給者証をもっている方)

会社の健康保険に加入した日まで遡って資格喪失する
国民年金変更届
  1号被保険者から2号被保険者 保険年金課

1.年金手帳(本人)

2.健康保険証又は共済組合員証

*厚生年金に加入された人は、届け出の必要はありませんが、共済組合に加入された人は、届け出をしてください
3号被保険者から2号被保険者 *厚生年金の加入手続きと同時に完了している場合は不要
1号被保険者から3号被保険者 配偶者が勤務する事業主を経由して届け出

1.年金手帳(本人・配偶者)

3号被保険者の該当届けは資格取得日から2年以内の届け出であればさかのぼるが、それ以前の資格取得の場合は未納になるので注意が必要
◎厚生年金等に加入している人は、会社で手続きをしてください
各種医療費助成受給者異動届
(後期高齢医療、老人医療など)
*健康保険を変更したとき
保険年金課

1.会社の健康保険被保険者証
2.各種医療受給者証
3.印鑑

 

ライフイベント