学生であっても、所得が35万円(給与収入のみで100万円)を超える場合は個人住民税が課税されます。
 なお、所得が65万円(給与収入のみで130万円)以下の場合、勤労学生控除が適用できる場合があり、税額が低くなることがあります。