納税義務者の方が固定資産課税台帳のうち、自己の資産に対する課税内容を具体的に確認するための制度です。納税義務者単位で課税内容をまとめた、土地・家屋名寄帳の閲覧ができます。また、借地人・借家人も権利部分の閲覧ができます。

〔閲覧場所〕市役所2階課税課(7番窓口)
縦覧期間内(4月1日から第1期の納期限までの間。ただし、土・日、祝日を除く。)の課税台帳の閲覧についても、市民生活部課税課で実施
〔方法〕閲覧は納税義務者単位の申請となります。
〔手数料〕一件あたり200円
縦覧期間内の当該年度課税台帳の閲覧は無料

閲覧ができる方および必要書類

納税義務者、同居の親族、納税管理人

 本人確認ができる書類等(運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、健康保険証、納税通知書、課税明細書)をお持ちください。

代理人

 本人確認ができる書類に加え、納税者が自署、捺印した委任状または代理人選任届をお持ちください。

納税者が法人の場合

▽法人の代表者 本人確認ができる書類等に加え、法人の代表者印をお持ちください。
▽社員 社員証を含む本人確認ができる書類に加え、法人の代表者印が捺印されている申請書か、法人の代表者印が捺印されている委任状または代理人選任届をお持ちください。
▽委任を受けた方 本人確認ができる書類に加え、法人の代表者印が捺印されている委任状または代理人選任届をお持ちください。

借地人・借家人 

 借地人においては、当該権利の目的である土地、借家人においては当該権利の目的である家屋およびその敷地である土地について閲覧できます。
 賃貸借契約書、または賃借料払込領収書等をお持ちください。