狛江市放課後児童健全育成事業(学童クラブ)

学童保育所・小学生クラブ・放課後クラブ・こどもクラブ

学童クラブの主な特徴

 狛江市の放課後児童健全育成事業は、「学童保育所」、「小学生クラブ」、「放課後クラブ」、「こどもクラブ」の4種類(総称「学童クラブ」)があります。各学童クラブとも共通するもの、異なるものがありますので、それぞれの主な特徴をご確認ください。

学童クラブ 学童保育所 小学生クラブ 放課後クラブ

こどもクラブ

平成28年4月新設

対象 小学生
☆1年生~6年生の児童が対象ですが、低学年優先のため、4年生以上は調整指数において
「学年による調整」があります。
実施日 日曜日・休日・年末年始を除く毎日
実施時間

〔平日〕
放課後~午後5時
(延長保育午後6時45分まで)
〔土曜日・学校休業日〕
午前8時15分~午後5時
延長保育午後6時45分
まで。土曜日は延長なし。

〔平日〕
放課後~午後7時
(延長保育午後8時まで)
〔土曜日・学校休業日〕
午前8時~午後7時
延長保育午後8時まで
土曜日は延長なし
※延長保育の利用には

別途料金がかかります。

〔平日〕
放課後~午後6時45分
〔土曜日(学校休業中

含む)〕
午前8時30分~午後6時
〔学校休業日〕
午前8時30分~午後6時45分

〔平日〕
放課後~午後7時
(延長保育午後8時まで)
〔土曜日(学校休業中含む)〕
午前8時~午後6時
土曜日は延長なし
〔学校休業日〕
午前8時~午後7時
延長保育午後8時まで
※延長保育の利用には

別途料金がかかります。

保護者

負担

育成料
 月4,000円
(間食費分を含む)
育成料
月5,000円
(間食費分を含む)
延長利用  月3,000円
スポット利用1回500円
(補食費分を含む)

間食費(実費負担)
1日140円

※平成29年度より

間食費が140円に

なる予定です。

育成料
月5,000円
(間食費分を含む)
延長利用  月5,000円
スポット利用1回600円
(夕食費分を含む)
運営 公設公営 公設民営 公設公営 民設民営
職員

市職員

市嘱託職員

委託先職員 市嘱託職員 法人職員
施設名称
  • 上和泉学童保育所
  • 猪方学童保育所
  • 松原学童保育所
  • 東野川学童保育所
  • 駒井学童保育所
  • 岩戸小学生クラブ
  • 和泉小学生クラブ
  • 第一小学校放課後クラブ
  • 緑野小放課後クラブ
  • 和泉小放課後クラブ
  • 第五小学校放課後クラブ
西野川こどもクラブ

注)育成料・間食費は、減免措置があります。児童青少年課までご相談ください。

育成料・間食費の滞納がある方は、児童青少年課と納入等についての相談を事前に行った上、申し込みください。 

学童クラブの目的

 学童クラブは、保護者の方が働いていたり、病気などで、放課後等に家庭で保護育成にあたることのできない世帯の子どもを対象に、各学童クラブの特徴を活かしながら、子どもたちの遊びや安全管理・生活指導や余暇指導を行い、異年齢の子どもたちとも交流すること等で子どもたちの健全育成を図ることを目的として実施しています。

申し込みに必要なもの
必須書類

(1)放課後児童健全育成事業入所(入会)申請書
(2)児童台帳・・A3両面2つ折、全4ページ
(3)保護者が家庭で適切な監護をすることができない状況を証明する書類
 ア 仕事をされている方・・勤務(予定)証明書兼就労状況申告書
 イ 病気や障がいのある方・・診断書、障害者手帳の写し等
 ウ 介護にあたっている方・・介護認定通知書の写し・スケジュール表等
 エ 就学している方・・在学証明書または学生証の写し、スケジュール表等
 オ 出産予定の方・・母子健康手帳の写し(出産予定日を確認できるもの)
 カ 求職中の方・・特になし

 出産予定の方は、出産予定月及びその前後2カ月は在籍可能です。その後、育児休業を取得する場合は退所(退会)していただきます。
 求職中の方は、入所(入会)後2カ月まで在籍可能です。その間に仕事が決まらない場合は退所(退会)していただきます。
 同居の親族の方(18歳未満65歳以上は除く)がいる場合は、その方の勤務証明書等もご提出ください。

該当する方のみ必要な書類

(4)児童に障がいのあることを証明する書類(愛の手帳や心身障害者手帳、または、診断書等の写し)

(5)転入予定日・転入先住所を明記した賃貸借契約書または売買契約書の写し等

 申請書・児童台帳・勤務証明書についてはこちらからダウンロードすることができます。
 翌年度4月からの入所(入会)は、一斉受け付けとなります。申請は年度ごとに必要です。一斉受け付けの期間は年度により異なります。

育児休業取得中の方へ

 育児休業取得中は、疾病等の理由により保育にあたれない場合を除き、原則として入所(入会)対象となりません。4月1日からの入所(入会)を希望される場合は、5月1日までに復職されることを条件に申込が可能です。

入所(入会)後のお願い

入所(入会)後、保護者や児童に以下の変化が生じたときは、すみやかに児童青少年課児童青少年係に届け出てください。

  1. 学童クラブをやめるとき
  2. 市外へ転出するとき
  3. 児童の病気や怪我等で15日以上欠席すると見込まれるとき
  4. 保護者が仕事を辞めたり、勤務証明書等で証明した内容が変わったとき
  5. 市内転居・転校・氏名変更・その他家族状況に変化があったとき 

学童保育所の概要

施設名

所在地

定員

電話番号

上和泉学童保育所

和泉本町4-7-51 上和泉地域センター内

50人

03(3489)7530

猪方学童保育所

猪方1-11-2 第三小学校校庭となり

※改修工事のため、6月~9月(予定)は

狛江第三小学校内の特別活動棟(KoKoAルーム)

2階での実施となります。

50人

03(3480)9362

松原学童保育所

和泉本町1-14-3

50人

03(3489)9380

東野川学童保育所

東野川1-6-3

50人

03(3480)8709

駒井学童保育所

駒井町1ー21-6 第六小学校校庭となり

50人

03(3489)2877

1.対象

 狛江市内に居住又は狛江市内小学校に在籍し、保護者の就労や疾病等の理由により、放課後帰宅しても家庭で適切な監護を受けることのできない小学校1~6年生の児童

2.開設日

 日曜日・休日・年末年始を除く毎日

3.開設時間

 〔平日〕放課後~午後5時(延長は午後6時45分まで)
 〔土曜日〕午前8時15分~午後5時(延長なし)
 〔学校休業日〕午前8時15分~午後5時(延長は午後6時45分まで、土曜日を除く)

4.おやつの提供

 あり(手作りおやつの日もあり)

5.主な行事(予定)

 入所歓迎会、誕生日会、昼食作り、合同親子運動会、親子行事、卒所式など

6.主な活動場所

 各学童保育所内およびその園庭

7.出欠の確認・把握

 あり

8.障がい児の受け入れ

 各学童保育所おおむね3人程度

9.運営および職員配置

 〔設置・運営〕狛江市
 〔職員配置〕市職員および市嘱託員

10.設置状況等
施設名 事業開始日 設置形態

上和泉学童保育所

昭和45年4月1日

上和泉地域センター併設

猪方学童保育所

昭和47年4月1日

専用独立施設

松原学童保育所

昭和58年4月1日

専用独立施設

東野川学童保育所

平成元年9月1日

専用独立施設

駒井学童保育所

平成24年1月30日

六小KoKoA併設

11.学童保育所の1日

 

時間

内容

学校休業日等

8:15~9:00

登所 持ち物をロッカーにしまった後、連絡帳を提出します。
  学習・自由時間 学童保育所のお友だちと上級生と下級生の隔てなく一緒に遊んだり、本を読んだりして過ごします。
室内 折り紙、トランプ、読書、積み木、工作、タスケ、ボードゲーム等
園庭 ドッジボール、サッカー、一輪車、なわとび等

12:00

昼食・食休み 昼食は、ご家庭で用意したお弁当を食べます。

13:00

自由時間(夏休み中のみ午睡。15:00まで)
通常

下校時

登所 ランドセル等の持ち物をロッカーにしまった後、連絡帳を提出します。
  自由時間

15:00

おやつ 自由時間・片付け

16:50~17:00

帰りの会 報告することや連絡事項を伝えます。重要なことは、連絡帳やおたよりを通して伝えます。連絡帳を受け取り、方面別にまとまって帰宅します。

18:45

延長保育(土曜日を除く) 方面別にまとまって帰宅します(※18:00以降の帰宅は、原則お迎えをお願いします)。
 

小学生クラブの概要

施設名

所在地

定員

電話番号

岩戸小学生クラブ

岩戸南3-15-1 岩戸児童センター内

50人

03(3489)5444

和泉小学生クラブ

中和泉3-12-6 和泉児童館内

60人

03(3480)1441

 

1.対象

 狛江市内に居住又は狛江市内小学校に在籍し、保護者の就労や疾病等の理由により、放課後帰宅しても家庭で適切な監護を受けることのできない小学校1~6年生の児童

2.開設日

 日曜日・休日・年末年始を除く毎日

3.開設時間

〔平日〕放課後~午後7時(延長は午後8時まで)
〔土曜日〕午前8時~午後7時
〔学校休業日〕午前8時~午後7時(延長は午後8時まで、土曜日は除く)

4.おやつの提供

 あり(子どもたちが手作りする日もあり)

5.主な行事(予定)

 入所歓迎会、誕生日会、親子ごはん会、文集作り、デイキャンプなど(その他児童館の様々な行事に参加が可能)

6.主な活動場所

育成室(小学生クラブ室)、児童館諸室及び館庭

7.出欠の確認・把握

 あり

8.障がい児の受け入れ

 各小学生クラブおおむね3人程度

9.運営および職員配置

 〔設置〕狛江市
 〔運営〕社会福祉法人雲柱社(現狛江市立児童館指定管理者)
 〔職員配置〕社会福祉法人雲柱社職員

10.設置状況等
施設名 事業開始日 設置形態

岩戸小学生クラブ

平成14年1月1日

岩戸児童センター併設

和泉小学生クラブ

平成18年4月1日

和泉児童館併設

11.小学生クラブの1日
 

時間

内容

学校休業日等

8:00~

登所

 持ち物をロッカーにしまった後、連絡帳を指導員に渡します。

 9:00~

10:00

学習時間
 

活動時間(自由時間)

 小学生クラブのお友達や児童館のお友だち、上級生や下級生などと一緒に遊んだり、本を読んだりして過ごします。

小学生クラブ室宿題等、折り紙、トランプ等

児童館諸室読書、まんが、ピアノ、工作、ブロック等

体育館ボール遊び、一輪車、タスケ等

館庭なわとび、おにごっこ等

12:00

昼食・食休み

 昼食は、ご家庭で用意したお弁当をたべます。

通常

下校時

登所

 ランドセル等の持ち物をロッカーにしまった後、連絡帳を指導員に渡します。

  活動時間(自由時間)

14:45

おやつの準備

15:00

おやつ・片付け
  活動時間(自由時間)

16:50~17:00

帰りの会~降所

 報告することや連絡事項を伝えます。重要なことは、連絡帳やおたよりを通して伝えます。連絡帳を受け取り、帰宅します。

17:00~ 18:00

自由時間 室内での活動が基本です。指定した時間で帰宅となります。


18:00~ 19:00

〔土曜日〕
18:00~19:00

〔延長保育〕

19:00~20:00

自由時間

小学生クラブ室、図書室の活動になります。

指定した時間で帰宅となります。

延長保育利用の場合、18:30~19:00に補食の提供があります。

18:00以降の帰宅は、原則お迎えをお願いします。

 

放課後クラブの概要

施設名

所在地

定員

電話番号

第一小学校放課後クラブ

和泉本町1-37-1 第一小学校内

50人

03(3489)2441

緑野小学校放課後クラブ

和泉本町4-3-1 緑野小学校内

50人

03(5497)1140

和泉小学校放課後クラブ

中和泉3-33-1 和泉小学校内

50人

03(3480)1557

第五小学校放課後クラブ

東野川1-35-13 第五小学校内

20人

03(3430)4113
1.対象

 各放課後クラブ開設場所である狛江市立小学校に在籍または同小学校学区域内に居住し、保護者の就労や疾病等の理由により、放課後帰宅しても家庭で適切な監護を受けることのできない小学校1~6年生の児童

2.開設日

 日曜日・休日・年末年始を除く毎日

3.開設時間

〔平日〕放課後~午後6時45分
〔土曜日(学校休業中も含む)〕午前8時30分~午後6時
〔学校休業中の平日〕午前8時30分~午後6時45分

4.おやつの提供

 あり(季節に応じたおやつやお誕生日ケーキ等)

5.主な行事(予定)

 入会式、誕生日会、工作、人形劇など

6.主な活動場所

 特別活動室(一小・緑野小・五小)、多目的スペース(和泉小)、校庭または体育館(雨天時)

7.出欠の確認・把握

 あり

8.障害がい児の受け入れ

 各放課後クラブ一割程度

9.運営および職員配置

 〔設置・運営〕狛江市
 〔職員配置〕市嘱託職員

10.設置状況等
施設名 事業開始日 設置形態

第一小学校放課後クラブ

平成16年4月1日

第一小学校併設

緑野小学校放課後クラブ

平成18年4月1日

緑野小学校併設

和泉小学校放課後クラブ

平成24年4月1日

和泉小学校併設

第五小学校放課後クラブ

平成25年4月1日

第五小学校併設

11.放課後クラブの1日

 

時間

内容

学校休業日等

8:30

持ち物をロッカーにしまった後、連絡帳を提出します。
 

自由時間

 放課後クラブのお友だちやKoKoAのお友だち、上級生や下級生などと一緒に遊んだり、本を読んだりして過ごします。
室 内:宿題、読書、工作、トランプ、折り紙、ボードゲーム他
校 庭:一輪車、ドッジボール、サッカー、鬼ごっこ等
体育館:バスケットボール、バレーボール等(雨天時)

12:00

昼食・食休み

 昼食は、ご家庭で用意したお弁当をたべます。

13:30

活動時間(自由時間)

通常

下校時

ランドセル等の持ち物をロッカーにしまった後、連絡帳を指導員に渡し、名札をつけます。
  活動時間(自由時間)

15:00

おやつ
  活動時間(自由時間)

16:50~17:00

帰りの会~降所

 報告する事や連絡事項を伝えます。重要な事は、連絡帳やおたよりを通して伝えます。連絡帳を受け取り、名札を返して帰宅します。

〔平日〕

17:00~18:45
〔土曜日(学校休業中も含む)〕
17:00~18:00

自由時間:室内での活動が基本となります。指定した時間で帰宅となります(※18:00以降の帰宅は、原則お迎えをお願いします)。
   

こどもクラブの概要

施設名

所在地

定員

電話番号

西野川こどもクラブ

西野川2-4-15

40人

03(5761)9235

1.対象

 狛江市内に居住又は狛江市内小学校に在籍し、保護者の就労や疾病等の理由により、放課後帰宅しても家庭で適切な監護を受けることのできない小学校1~6年生の児童

2.開設日

 日曜日・休日・年末年始を除く毎日

3.開設時間

〔平日〕放課後~午後7時(延長は午後8時まで)
〔土曜日〕午前8時~午後6時(学校休業中含む)
〔学校休業日〕午前8時~午後7時(延長は午後8時まで、土曜日は除く)

4.おやつの提供

 あり

 延長保育利用の場合、夕食の提供あり。

5.主な行事(予定)

 入会歓迎会、誕生日会、等

6.主な活動場所

 育成室(こどもクラブ室)

7.出欠の確認・把握

 あり

8.障がい児の受け入れ

 おおむね3人程度

9.運営および職員配置

 〔設置・運営〕社会福祉法人 調布白雲福祉会 
 〔職員配置〕社会福祉法人 調布白雲福祉会

10.設置状況等

施設名 事業開始日 設置形態

西野川こどもクラブ

平成28年4月1日

認定こども園併設

11.こどもクラブの1日(予定)

 

時間

内容

学校休業日等

8:00~

登所

 持ち物をロッカーにしまった後、連絡帳を提出します。

 

活動時間(自由時間)

 こどもクラブのお友だちや認定こども園のお友だち、上級生や下級生などと一緒に遊んだり、本を読んだりして過ごします。
こどもクラブ室宿題等、折り紙、トランプ等
育成室読書、まんが、ピアノ、工作、ブロック等
園庭ボール遊び、一輪車、タスケ等

12:00

昼食・食休み

 昼食は、ご家庭で用意したお弁当をたべます。

 事業者の独自事業として、別途、昼食の提供(別途料金を徴収します)

 の提供もあります。

13:30

活動時間(自由時間)

通常

下校時

登所

 ランドセル等の持ち物をロッカーにしまった後、連絡帳を提出します。

  活動時間(自由時間)

15:00頃

おやつ
  活動時間(自由時間)

16:50~17:00

帰りの会~降所

 報告することや連絡事項を伝えます。重要なことは、連絡帳やおたよりを通して伝えます。連絡帳を受け取り、帰宅します。

17:00~ 19:00

〔土曜日〕

17:00~18:00

〔延長保育〕

19:00~20:00

 

自由時間

 育成室での活動になります。

 指定した時間で帰宅となります。

 延長保育利用の場合、

  18:30~19:00に夕食の提供があります。

 18:00以降の帰宅は、原則お迎えをお願いします。

入所(入会)基準(基準指数)

1 居宅外就労

居宅外就労
(就労時間には、通勤時間を含む)

週5日または月20日以上勤務し、日中7時間以上の勤務を常態とする。

10

週5日または月20日以上勤務し、日中4時間以上7時間未満の勤務を常態とする。

9

週5日または月20日以上勤務し、上記以外の居宅外の就労を常態とする。

8

週4日または月16日以上勤務し、日中7時間以上の勤務を常態とする。

9

週4日または月16日以上勤務し、日中4時間以上7時間未満の勤務を常態とする。

8

週4日または月16日以上勤務し、上記以外の居宅外の就労を常態とする。

7

週3日または月12日以上勤務し、日中7時間以上の勤務を常態とする。

8

週3日または月12日以上勤務し、日中4時間以上7時間未満の勤務を常態とする。

7

週3日または月12日以上勤務し、上記以外の居宅外の就労を常態とする。

6

2 居宅内就労

居宅内就労

自営

中心者

危険物を取り扱う業種で週5日または月20日以上勤務し、日中7時間以上の勤務を常態とする。

10

危険物を取り扱う業種で週5日または月20日以上勤務し、日中4時間以上7時間未満の勤務を常態とする。

危険物を取り扱う業種で週4日または月16日以上勤務し、日中7時間以上の勤務を常態とする。

危険物を取り扱う業種で週4日または月16日以上勤務し、日中4時間以上7時間未満の勤務を常態とする。

危険物を取り扱う業種で上記以外の就労を常態とする。

危険物を取り扱わない業種で、週5日または月20日以上勤務し、日中7時間以上の勤務を常態とする。

危険物を取り扱わない業種で、週5日または月20日以上勤務し、日中4時間以上7時間未満の勤務を常態とする。

危険物を取り扱わない業種で、週4日または月16日以上勤務し、日中7時間以上の勤務を常態とする。

危険物を取り扱わない業種で、週4日または月16日以上勤務し、日中4時間以上7時間未満の勤務を常態とする。

危険物を取り扱わない業種で、上記以外の就労を常態とする。

協力者

危険物を取り扱う業種で週5日または月20日以上勤務し、日中7時間以上の勤務を常態とする。

危険物を取り扱う業種で週5日または月20日以上勤務し、日中4時間以上7時間未満の勤務を常態とする。

危険物を取り扱う業種で週4日または月16日以上勤務し、日中7時間以上の勤務を常態とする。 

危険物を取り扱わない業種で、週5日または月20日以上勤務し、日中7時間以上の勤務を常態とする。

危険物を取り扱わない業種で、週5日または月20日以上勤務し、日中4時間以上7時間未満の勤務を常態とする。

危険物を取り扱わない業種で、週4日または月16日以上勤務し、日中7時間以上の勤務を常態とする。


 

内職 週5日または月20日以上就労し、日中の就労を常態とする。

週4日または月16日以上就労し、日中の就労を常態とする。

3 出産・疾病・障がい

出産・疾病・障がい

出産前後の休養のため保育にあたることができない場合(出産予定日の前後2カ月)

疾病

入院(入院内定者も含む)1カ月以上 10

居宅内療養

常時病臥または感染症 10
精神性の疾病で精神障害者保健福祉手帳3級程度以上 10
精神性の疾病で上記以外の程度
上記以外の疾病で安静を要する状態(常時病臥に至らない程度)
障がい  身体障害者手帳1級・2級、愛の手帳1度・2度、要介護認定者 10
身体障害者手帳3級・4級、愛の手帳3度・4度、要支援認定者

4 看護(介護)

看護(介護)

居宅外看護(介護)

週5日以上かつ日中6時間以上の入院付添いまたは居宅外介護を常態 10
週4日以上かつ日中5時間以上の入院付添いまたは居宅外介護を常態
週3日以上かつ日中4時間以上の入院付添いまたは居宅外介護を常態

居宅内看護(介護)

同居する要介護5認定者または寝たきりの者を常時介護

同居する要介護4認定者を常時介護

同居する要介護3認定者を常時介護
同居する要介護2認定者を常時介護
上記以外で居宅内介護を必要とする者を常時介護

5 その他

その他

災害

火災等による家屋の損傷、その他災害復旧のため児童の監護にあたれない場合

10

求職

求職のため日中の外出を常態(2カ月を限度)

就学等

就学または技能習得のため、日中学校に通っていることを常態としている場合

特例

その他、明らかに児童の監護にあたれない場合

協議

調整指数

1 就労(就学)の終了時間による調整(通勤又は通学時間を含む)
午後7時以降

+2

午後6時30分~午後7時前 +1.5
午後6時~午後6時30分前 +1
午後5時30分~午後6時前 +0.5
午後5時~午後5時30分前
午後4時30分~午後5時前

-1

午後4時~午後4時30分前

-2

午後3時30分~午後4時前

-3

午後3時~午後3時30分前

-4

午後2時30分~午後3時前

-5

午後2時~午後2時30分前

-6

午後2時前

不承認

2 同居の親族の状況
同居の親族が自宅内で仕事をしている場合

-1

同居の親族が自宅にいる場合(18歳未満および65歳以上の親族を除く)

-2

同居の親族が病気等で自宅療養中の場合(常時病臥を除く)

-1

3 学年による調整
4年生以上

-3

4 生活状況による調整
死別、離婚、行方不明、拘禁、未婚、別居または単身赴任での母子家庭または父子家庭

+3

5 障がいによる調整
障がい児

+3

6 育成料等の滞納による調整
育成料等を6カ月以上滞納している場合

-4

育成料等を3カ月以上滞納している場合 -2
 ※小学生クラブ、放課後クラブ、こどもクラブについても本基準による(注記)
  1. 入所の決定は、父母のそれぞれの監護に欠ける要件を基準指数にあてはめ、この基準指数から調整指数を加減し、残りの指数(以下「入所指数」という)の低い父または母(ひとり親の場合はその親)を審査対象者とし、入所指数の高い者の児童から入所決定をする。
  2. 入所指数が「4」以下の場合は、入所に該当しない。
  3. 居宅外就労とは、外勤または居宅外自営をいう。
  4. 外勤とは、自宅から離れて雇用されて就労することをいう。
  5. 居宅外自営とは、自営であっても、行商等に従事している場合や自宅と店舗・事務所がおおむね100メートル以上離れていることをいう。
  6. 就労時間に含める通勤時間は、就労場所から自宅までの最も合理的な手段を利用した場合に要する時間とする。
  7. 居宅内自営とは、自宅(自宅と店舗・事業所が同一家屋内またはおおむね100メートル未満の場合を含む)において事業に従事することをいう。
  8. 自営の中心者とは、父または母が店舗・事務所を代表して就労している場合をいう。父母が同一店舗・事務所で就労している場合、いずれか一方を中心者とし、一方は協力者とする。
  9. 自営の協力者とは、父母が同一店舗・事務所内で就労する場合で、就労時間の短い者を原則として協力者とする。
  10. 危険物を取り扱う業種とは、おおむね次の分類の業種をいう。ただし、次の分類に該当しないものであっても具体的状況(使用設備、居宅部分との関係)を考慮して、児童の生命身体に著しく危害を及ぼすおそれのある場合は、危険物を取り扱う業種とすることができる。
    (1)分類I
       ア 熱加工処理業種:火気使用業種
       イ 有毒物処理業種:劇毒物取扱業種、有機溶剤使用業種。火気危険物取扱業種
       ウ 危険器具使用業種:刃物を取り扱う業種、機械を取り扱う業種
    (2)分類II
       ア 刃物を取り扱う業種:肉屋、理美容店、魚屋等
       イ 火気使用業種:揚げ物屋、肉屋、そば屋、パン製造業等
       ウ 機械を取り扱う業種:クリーニング店、プレス工場、印刷工場等
  11. 内職とは、居宅内において賃仕事に従事していることをいう。賃仕事の認定は、就労形態および収入の実績を考慮して行う。ただし、その収入が生計に占める割合が大きい場合には、自営とみなす。
  12. シフト制等時間が不規則な就労を常態とする者については、勤務証明書の内容に基づき、同等の基準指数を採るものとする。
  13. 残業を常態とする者については、勤務証明書に常態とされる残業の時間が記載されている場合に限り、残業時間を含めた時間を就労時間とみなし、基準指数を採るものとする。
  14. 育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律(平成3年法律第76号)、国家公務員の育児休業等に関する法律(平成3年法律第109号)、地方公務員の育児休業等に関する法律(平成3年法律第110号)による育児休業を取得する期間は、保育の実施基準に該当しない。ただし、育児休業中の者が、月の途中から復職することが確実なときは、保育の実施基準要件が発生する日の属する月の1日から保育の実施を認めることができる。月の初日に復職する者にあっては、その前月から保育の実施を認めるものとする。
    なお、指数は、「出産前後の休養のため保育にあたることができない場合」と同様に「8」とする。
  15. 離婚は家庭裁判所において離婚調停中のものを含む。なお、離婚を前提とした別居は、住民基本台帳上同住所であるものは原則として含まない。
  16. 精神性とは、精神性疾患および知的障がいをいう。
  17. 感染症とは、医師が隔離を必要と認めた疾患をいう。
  18. 安静を要するとは、医師がおおむね1カ月以上自宅療養を必要と認めた疾患をいう。
  19. 要介護認定者とは、介護保険法(平成9年法律第123号)に基づく要介護等認定で、要介護1から要介護5までに認定されている者をいう。 ただし、認定期間が既に過ぎているものはこれに含まない。
  20. 要支援認定者とは、介護保険法に基づく要介護等認定で、要支援1または要支援2に認定されている者をいう。ただし、認定期間が既に過ぎているものはこれに含まない。
  21. 居宅外介護とは、入院の付添い(完全看護の場合、医師の指示等により特別に必要な場合)および通院や施設等の通所の付き添い、または同居家族以外の者の介護をすることをいう。ただし、付き添いおよび介護に対し報酬を得ている場合は除く。
  22. 居宅内介護とは、自宅において同居する家族に対し、主たる介護者として日中ほぼ常時介護を行う場合をいう。ただし、介護に対し報酬を得ている場合は除く。
  23. 勤務の終了時間は、就労場所から自宅までの最も合理的な手段を利用した場合に自宅に到着する時間とする。
  24. 日中睡眠時間となる深夜勤務の場合は、その睡眠時間中は保育にあたれないものとする。
  25. 指数の高い者から入所の決定を行い、指数が同点の者すべてを入所させると学童保育所の定員を超えてしまう場合は、(1)学齢が低い児童、(2)ひとり親(死別、離婚、行方不明、拘禁、未婚、別居または単身赴任での母子家庭または父子家庭)の児童、(3)保護者等の勤務の終了時間(通勤時間を含む)が遅い児童、(4)同居の小学4年生以上の兄姉がいない児童の順で入所の決定を行う。
  26. その他、疑義が生じた場合はその都度協議する。 
    必要な書類が提出されない場合は、指数の決定および選考に際して不利になることがあります。
    勤務証明書の内容に記載漏れおよび疑問な点がある場合は、児童青少年課児童青少年係から勤務先や仕事場等に直接確認をとらせていただくことがあります。
    申請書および提出書類の内容が事実と違うことが明らかになった場合、入所(入会)基準の要件にあてはまらない場合および学童クラブ入所(入会)の必要がないと見受けられる場合は、入所(入会)決定後であっても、取り消すこともあります。
    申請書に第2、第3希望の学童クラブ名を記入しても、第1希望の学童クラブへ入所(入会)することが不利にはなりません。希望欄にご記入のなかった学童クラブへのご案内はいたしませんので、ご了承ください。
    提出書類の記載事項に変更が出た場合は、すみやかに児童青少年課児童青少年係へご連絡ください。 

 

ライフイベント