風しんは、風しんウイルスによって引き起こされる急性の感染症です。
 免疫のない女性が妊娠初期に風しんに感染し、風しんウイルスが胎児に感染すると、出生児が先天性の心疾患、難聴、白内障を主症状とする先天性風しん症候群を発症するおそれがあります。
 免疫をあらかじめ獲得しておくことが重要であるため、市では次の事業を実施しています。

昭和37年(1962年)4月2日から昭和54年(1979年)4月1日までの間に生まれた男性は、「風しんの追加的対策の対象」となります。

風しん抗体検査(無料)

対象者

 抗体検査時、狛江市内に住所を有し、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)第5条に規定する住民基本台帳に記載されている19歳以上で、かつ、風しん抗体検査を希望し、次のいずれかに該当する方が対象となります。
 ただし、昭和37年(1962年)4月2日から昭和54年(1979年)4月1日生まれの男性の方はこちら

  1. 妊娠を予定または希望する女性
  2. 妊婦の同居の方 
  3. 妊娠を予定または希望する女性の同居の方

 ただし、次のいずれかに該当する方を除きます。

  1. すでに、麻しん風しん混合ワクチンまたは風しん単抗原ワクチンの接種を2回以上受けている方(ご自身の母子健康手帳等でご確認ください)
  2. すでに、狛江市が実施する風しん抗体検査を受けている方
  3. 他の医療機関等で抗体検査を受け、風しんに対する抗体保有が十分でないことが確認できる方

※市の制度による検査は、1人につき1回までです。

期間

 平成31年4月1日から令和2年3月31日まで(休診日を除く)
※平成30年11月15日より、対象者が同居の方まで拡大されました。

費用

 無料
※実施医療機関以外での検査は公費による助成の対象外です。また、償還払いの制度はありませんのでご注意ください。

検査の流れ
  1. 直接実施医療機関にご予約ください。
  2. 予約日に受検してください。検査方法は、原則HI法となります。
  3. 検査結果を受検した医療機関でお聞きください。受検から検査結果が出るまでおおむね1週間程度かかります。

〔風しんに対する抗体保有が十分である場合〕
 「風しん抗体検査 検査記録カード」の交付を受けてください。
※先天性風しん症候群予防ワクチンを接種する必要はありません。

〔風しんに対する抗体保有が十分でない場合〕
 先天性風しん症候群予防ワクチンの接種をおすすめします。

先天性風しん症候群予防ワクチン接種

対象者

 予防接種時、狛江市内に住所を有し、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)第5条に規定する住民基本台帳に記載されている19歳以上で、先天性風しん症候群の予防を目的として、風しん含有ワクチンの接種を希望する①妊娠を予定または希望する女性、②妊娠を予定または希望する女性の同居の方、③妊婦の同居の方で、次のいずれかに該当する方

  1. 狛江市が実施するの風しん抗体検査の結果、風しんに対する抗体を十分に保有していない方
  2. 医療機関等で抗体検査を受け、その結果に係る書類等を持参し、風しんに対する抗体保有が十分でないことが確認できる方
  3. 妊婦健診で風しんに対する抗体保有が不十分である方(予防接種は出産後に行えます。)

※ 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性(ただし、これまでに抗体検査を受けた結果、低抗体価(HI抗体価8.0倍以下相当)であることが確認された方は、クーポン券により無料で接種することができます。詳しくは、こちらをご確認ください。

期間

 平成31年4月1日から令和2年3月31日まで(休診日を除く))
※平成30年11月15日より、対象者が同居の方まで拡大されました。

費用

  ワクチンの種類により費用が異なります。医療機関にお支払いください。

  • 麻しん風しん混合ワクチン 4,000円
  • 風しん単抗原ワクチン   3,000円

※生活保護受給者、中国残留邦人等支援給付受給者および市民税非課税世帯の方は無料です。生活保護受給者および中国残留邦人等支援給付受給者は受給証明書を、市民税非課税世帯の方は市民税非課税証明書を申し込み時に持参してください。

申し込み

 直接実施医療機関にご予約ください。
※ワクチン接種後、「麻しん・風しん予防接種 接種記録カード」の交付を受けてください。

ライフイベント