1.ごみの片づけ費用の助成

〔事業内容〕 
 認知症や精神疾患に起因する認知機能の低下により、居宅内(居宅の属する敷地を含む)に著しく大量のごみが蓄積した高齢者に対し,蓄積したごみの片付けに伴う費用について、20万円を上限として助成します。

〔対象者〕
  次のすべての要件を満たす市民が対象となります。

 (1) 本人の居宅に居住する者がいずれも65歳以上である者
 (2) 居宅に占める面積がおおむね10㎡を超える量のごみが堆積していることにより衛生面等において著しく劣悪な環境にあると認められる居宅に現に居住している者
 (3) 本人の居宅に居住する者がいずれも市民税非課税である者(生活保護受給者を除く。)
 (4) 本人の居宅に居住する者がいずれも、要介護認定に伴う主治の医師等の意見書において、次の要件のいずれかに該当する者
     ア 認知症高齢者の日常生活自立度がⅡb以上であること。
     イ 障害高齢者の日常生活自立度がB2以上であること。

〔対象経費〕
   ごみの片付け費用の他、消毒費用等,衛生的な居住環境を整えるために必要な費用全般を対象とします。
   ただし、狛江市廃棄物の再利用の促進及び処理に関する条例第49条第1項に規定する廃棄物処理手数料(ごみ袋の料金,粗大ごみの手数料等)は対象となりません。
   また、ごみの収集・運搬は、必ず市から一般廃棄物収集運搬業の許可を受けた業者に依頼してください。

 

2.居宅内から居宅外への日常的なごみ出しのサポート

〔事業内容〕
 認知症や精神疾患に起因する認知機能の低下により,ごみを排出することができない高齢者に対し、シルバー人材センターに委託する形で早朝のごみ出しをサポートします。

〔対象者〕
  次のすべての要件を満たす市民が対象となります。
 
 (1) 本人の居宅に居住する者がいずれも65歳以上である者
 (2) 本人の居宅に居住する者がいずれも市民税非課税である者
 (3) 本人の居宅に居住する者,または訪問介護支援等の利用により,居宅内のごみをまとめることができる者
 (4) 本人の居宅に居住する者がいずれも次の要件のいずれかに該当する者
     ア 要介護認定に伴う主治の医師等の意見書において、認知症高齢者の日常生活自立度がⅡb以上であり、かつ、親族、生活支援に関わる者等によるごみの収集日前日の声かけ等に応じて、居宅の敷地内からごみ置場へごみを排出できない状態がおおむね2週間以上続いている者
     イ 要介護認定に伴う主治の医師等の意見書において、障害高齢者の日常生活自立度がB2以上であり、かつ、ごみを居宅の敷地内からごみ置場へ自力で排出することができない者

〔支援内容〕
 原則週に1回ごみ出しの指定時刻までに,シルバー人材センターの会員が利用者宅を訪問し、ヘルパー等が前日までにまとめたごみの排出をサポートします。なお、ごみをまとめる等の居宅内支援は行いません。

〔利用料〕 無料

〔手続き〕
 以下の申請書を市役所2階高齢障がい課までご提出ください。

〔申請書類〕
 申請書のダウンロードのページへ

〔問い合わせ〕
 高齢障がい課高齢者支援係

ライフイベント