高齢者を狙った利殖商法にご注意を

 東京都消費生活総合センターでは、高齢者を狙った利殖商法に関する相談が昨年に比べ2倍に急増したと発表しました。
 市でも、未公開株や商品相場などで被害に遭ったとの相談が目立っています。
 利殖商法とは「値上がり確実」「必ず利益が出る」など不確定であるにも関わらず、儲かることを強調して契約させる商法です。
 老後の生活資金を狙い撃ちにして、自宅にいることの多い高齢の方をターゲットにしています。
 「元本保証」「何倍にも増える」などの甘いセールストークをうのみにしないで、仕組みが理解できない取引には手を出さず、はっきりと断るようにしましょう。
 身近な高齢者が被害に遭っていないかの見守りも大切です。
 もし、被害に遭ったらすぐに産業生活課、消費生活相談コーナー、または「東京都高齢者被害110番」 電話(3235)3366へ相談しましょう。
〔問い合わせ〕産業生活課