市民税・都民税の申告と所得税の確定申告の期限は3月15日(木)までです。期限間際になると、市役所および税務署の申告窓口が大変混雑しますので、早めの申告をお願いします。
 市民税・都民税の申告は市役所で、所得税の確定申告は税務署で受け付けています。
 なお、記入済みの所得税確定申告書は、市役所でもお預かりします。
〔受付日時〕3月15日(木)までの午前8時30分~午後5時
※3月11日(日)(午前9時~午後3時)は、平日市役所に来庁できない方等のために、申告の受け付けを行っていますので、ご利用ください。
〔受付会場〕課税課

提出した所得税確定申告書に誤りがあったとき

 当初提出した申告書の控えと印鑑を持参の上、税務署にご相談ください。

納税は期限内に

 所得税の納付期限は3月15日(木)です。
 納付期限を過ぎると延滞税がかかりますので、お近くの金融機関で期限内に納税を済ませてください。

納税は口座振替で

 所得税の納税には、口座振替が便利です。
 新規に口座振替を希望する方は、金融機関または税務署に「預貯金口座振替依頼書」を提出してください。

所得税の納税証明書を請求される方へ

 申告期間中は窓口が大変混雑します。納税証明書(その1納税額用)(その2所得金額用)を請求する方は、手続きについて、あらかじめ税務署に確認の上、お越しください。
※市役所および税務署とも、車での来場はご遠慮ください。

平成19年度市民税・都民税の主な改正点

▽国から地方への税源移譲により、市民税・都民税の所得割の税率が一律市民税6パーセント、都民税4パーセントの計10パーセントの比例税率化になりました。
▽この税源移譲により、所得税と市民税・都民税の人的控除額の差に基づく負担増を調整するため、調整控除が創設されました。
▽定率減税が完全に廃止となりました。
▽昭和15年1月2日以前の生まれで合計所得額125万円以下の方は、老年者に対する非課税措置廃止に伴う経過措置として、平成19年度は所得割および均等割税額から3分の1が減額されます。

〔問い合わせ〕市民税・都民税は課税課、所得税は武蔵府中税務署 電話042(362)4711