第四中学校は平成18年度で27年目を迎えました。
 1月30日には狛江市教育研究奨励校として「たくましく生きる生徒の育成」をテーマに研究発表を行い、四中の教育の一端を紹介しました。
 四中の特徴は多くの行事で生徒を育ててきているところです。
 また、「3年生を見習え」という伝統が息づき、去年の3年生を目標にそれを越えようと生徒たちが努力し、教員がサポートしていることも特徴の一つです。
 具体的な行事としては体育祭、合唱祭をはじめ、創立30周年へ向けて力を入れている教育目標の一つの「健全」を意識した、水泳大会、ロードレース大会などがあります。
 また、多くの地域の方を講師として迎え実施している「The四中スペシャル」も地域の学校として誇れるものです。そのほかにもいろいろな分野で活躍されている専門性をもった講師を招いての授業も生徒の意欲を高めるのに役立っています。
 写真は昨年の合唱祭です。オープニングセレモニーから始まり、各学年の合唱コンクール、そしてアトラクションと盛りだくさんです。背景を飾る生徒合作の組画も圧巻です。今回は1年生、2年生課題曲の作曲者、松井孝夫先生と瑞木薫先生を審査員として迎えることができました。毎年多くの感動が生まれています。
 第四中学校はこれからも地域の学校として、開かれた学校づくりを目指し、様々な教育活動を行っていきます。
(学校シリーズは、今回で終了です)
〔問い合わせ〕指導室