最近、第三者が本人になりすまして、虚偽の転入・転出の届け出や住民票の取得という事件が全国的に発生しています。
 市では、従来から本人確認のご協力をお願いしていましたが、10月1日から虚偽の届け出等を未然に防止するために、異動届や住民票、戸籍謄本・抄本等の交付申請の際には、申請する方が本人であることを書類により確認させていただきます。
 本人確認ができない場合であっても届け出はできますが、この場合には、届書に記載された届出人に対し、届け出があったことを郵送にてお知らせします。
 なお、戸籍の届け出(婚姻届、協議の離婚届、養子縁組届、協議の養子離縁届、転籍届)については、平成15年7月1日から本人確認をさせていただいています。
 ご理解・協力をお願いします。
〔今回対象となる届・証明〕▽転入届、転出届、転居届、世帯変更届▽住民票関係交付等申請、戸籍謄抄本等交付申請
〔本人確認書類〕官公署等発行の書類(有効期限内の運転免許証・パスポート、住民基本台帳カード、狛江市民証、外国人登録証明書、健康保険証、年金手帳など)
※官公署の発行した顔写真のある書類以外は、複数の書類が必要となります。
〔問い合わせ〕市民課