就職、退職、結婚などによって年金の加入種別が変わったときは届け出が必要になります。
 届け出を忘れてしまうと、将来年金が受けられなくなる場合もありますので、必ず届け出をしましょう。
■国民年金の各種届け出

 こんなときは届け出が必要です種別 届け出先
第1号
被保険者
(自営業、学生など)
就職して厚生年金(共済組合)に加入したとき第1号から
第2号
勤務先
配偶者(第2号被保険者)の扶養に入ったとき第1号から
第3号
配偶者の
勤務先
第2号
被保険者
(厚生年金や共済組合に加入している方)
離職したとき第2号から
第1号
区市町村
離職して配偶者(第2号被保険者)の扶養に入ったとき 第2号から
第3号
配偶者の勤務先
第3号
被保険者
(第2号被保険者に扶養されている配偶者)
配偶者が離職したとき第3号から
第1号
区市町村
配偶者の扶養から外れたとき 第3号から
第1号
区市町村
就職して厚生年金(共済組合)に加入したとき 第3号から
第2号
勤務先
〔問い合わせ〕保険年金課