1 日時 平成31年2月12日(火曜日) 午後4時45分~5時10分
2 場所

狛江市防災センター 302会議室

3 出席者

委員長  眞保 智子

副委員長 竹中 石根

委 員  東 貴宏   中原 弘隆

     橋爪 克幸  若松 博子  阿部 利彦

事務局  地域福祉課長(岡本 起恵子)

     福祉相談課長(小川 正美)

     高齢障がい課長(中村 貞夫)

     福祉相談課相談支援係長(九鬼 統一郎)

     高齢障がい課障がい者支援係長(瀧川 直樹)

     地域福祉課地域福祉係 岡本 瑛

     高齢障がい課障がい者支援係主任(阿内 洋子)

     高齢障がい課障がい者支援係主事(高橋 健太朗)

傍聴者  なし

4 議題 (1) 審議事項 基幹相談支援センターのあり方検討報告書(案)について

(2) その他

5 資料 【資料1】第3回障がい小委員会での意見・対応等

【資料2】基幹相談支援センターのあり方検討報告書(案)

【資料3】第3回狛江市市民福祉推進委員会障がい小委員会議事録

【資料4】平成31年度狛江市市民福祉推進委員会障がい小委員会 日程

【参考資料1】地域生活支援拠点等の整備について

6 会議の結果
(1)基幹相談支援センターのあり方検討報告書(案)について

事務局

【資料1】、【資料2】、【参考資料1】について説明

 

委員長

それでは、資料1、資料2についてご意見・ご質問等をいただきたい。

委員

 資料2の3ページ、都内の基幹相談支援センター設置状況の表が平成28年度のものになっているが、新しいものに変更できないか。

 

事務局

 最新のデータがあれば差し替える。

 

委員

 市民、福祉関係者、行政が地域の意見を吸い上げながら協力して進めていく必要があると思う。

 

委員

 高齢の部分は地域包括支援センターの記載があるが、児童発達支援センターとの連携についてどのようにするか。

 

委員長

 児童発達支援センターの報告書では、基幹相談支援センターとの連携について記載があるか。

 

事務局

 児童発達支援センターの報告書は約2年前に出たものであり、基幹相談支援センターの検討が進んでいなかったため想定していなかった。今後、どちらも具体的に話が進んでいくため考えていかなければいけないと思っている。

 

委員長

 資料2の11ページ及び12ページの表に児童発達支援センターの記載があるため追記は不要。

 

委員

 児童発達支援センターは複合施設であるが、他のセンターとのつながりについてはどのようにするのか。

 

事務局

子ども家庭支援センターや教育支援センターとのつながりの部分について、資料2の12ページの図の中に追記する。

 

委員長

 他にご意見はないか。

 

委員

 特になし。

 

(2)その他

事務局

 【資料4】について説明

 

委員長

 この報告書を来年度の第1回狛江市市民福祉推進委員会に提出させていただく。本日の委員会はこれで終了とする。

 

(閉会)

 

 

ライフイベント