視覚障がい者ガイドヘルパー研修(同行援護従業者養成研修)とは

 狛江市では視覚障がいのある方に外出の支援のできるガイドヘルパーが不足しています。
 そこで今年度、視覚障がい者ガイドヘルパー研修(同行援護従業者養成研修 一般課程・応用課程)を実施します。こちらの研修を受講されると視覚障がいのある方の外出先での代読や代筆の支援、買い物、通院時や食事の支援などのお仕事ができます。短時間で働くことも可能です。
 この機会にガイドヘルパーのお仕事や福祉のお仕事に興味のある方、ガイドヘルパーのお仕事をしたい方はぜひ受講してみてください。

   平成29年度狛江市視覚障がい者ガイドヘルパー研修(同行援護従業者養成研修) [400KB pdfファイル]   

 

【日時・内容】

一般課程:平成29年11月15日(水曜日)から11月18日(土曜日)午前9時~午後5時 

 ※11月15日のみ午前10時30分からの受講です。

応用課程:平成29年11月24日(金曜日)・25日(土曜日)午後9時~午後5時

  • ガイドヘルパーの業務(同行援護の制度など)、同行援護の基礎知識、情報支援、代筆・代読の知識、最新の福祉制度と現状などの講義や実習となります。

合同面接会:平成29年11月29日(水曜日)午前9時30分~正午

  • 東京都指定の同行援護従業者養成研修修了証の交付と事業所へのガイドヘルパーの登録ができます。

【場所】

 あいとぴあセンター研修室401会議室他

【対象者】

  • 全日程参加できる18歳以上(高校生不可)の方(ヘルパーの資格の有無は不問)

  • 視覚障がい者ガイドヘルパーとして働いてみたいと思っている方等

  • 既に一般課程の受講を終了している方でガイドヘルパーとして働きたい方

 ※狛江市在住の方を優先します。

【定員】

 一般課程・応用課程:各12人 

 応募者多数の場合は全課程受講可能な方を優先します。

【受講料】

  • 一般課程:受講料無料 
     ※講習テキスト代 2,592円(消費税込)
     ※交通費・昼食代等は受講者負担です。

  • 応用課程:未就労者は受講料無料 
     ※既に福祉事業所に登録している方の受講料 17,500円                                                                                                                                    

【申込み・問い合わせ】

10月16日(月曜日)午前9時から11月8日(水曜日)午後5時までに(※日曜日・祝日を除く)

狛江市社会福祉協議会ホームヘルパーステーション 研修担当へ 

ホームページ:www.komae-shakyo.or.jp/info/

電話:03(3488)0295