市たばこ税とは?

市たばこ税とは、たばこの消費に対してかかる税金です。
市内のたばこ小売店に対し、たばこの製造業者や卸売販売業者などが、たばこを売り渡した本数を市に申告し、それに対して課税されます。
税源としての地域的偏在が少なく、景気の影響をあまり受けないため、市の安定した税収確保に大きな役割を果たしています。

たばこ税を納める人は?

国内たばこの製造業者・外国たばこの輸入業者・卸売販売業者が納税義務者となります。納税業者が小売業者にたばこを売り渡したときに、その小売業者が所在する市町村に納めなければなりません。
しかし、実際はたばこを買うときにその代金の中に含まれているため、たばこ税を納めているのは、たばこを購入する方となります。

税率は?

  • 旧3級品を除く製造たばこ…1,000本につき5,262円。
  • 旧3級品製造たばこ   …1,000本につき2,495円(※)。

※手持品課税について

平成27年度税制改正によって、旧3級品(エコー、わかば、しんせい、ゴールデンバット等)に係る国の「たばこ税」および「たばこ特別税」と、地方の「道府県たばこ税」および「市町村たばこ税」の軽減措置が平成28年4月1日から段階的に縮小され、平成31年4月1日に旧3級品以外のたばこと同じ税率になります。

これに伴い、たばこ税率の引上げの日現在において、販売のために合計5,000本以上の旧3級品たばこを所持しているたばこの販売業者などを対象として、税率の引上げ分に相当するたばこ税を「手持品課税」として課税を行なうというものです。

たばこ税率の引上げは、平成28年4月1日から平成31年4月1日までの期間にわたって、毎年度4月1日に行なわれます。

  平成28年4月 平成29年4月 平成30年4月 平成31年4月
たばこ税 2,950円 3,383円 4,032円 5,302円
たばこ特別税 456円 523円 624円 820円
道府県たばこ税 481円 551円 656円 860円
市町村たばこ税 2,925円 3,355円 4,000円 5,262円

平成29年度手持品課税の納税義務者

 平成29年4月1日現在において、旧3級品たばこを販売のため合計5,000本以上所持する小売販売業者など

申告期限・納付期限 

  • 申告期限      平成295月1日(月曜日)
  • 納付期限      平成29年10月2日(月曜日)
    ※申告期限から納期限まで、約5か月の期間がありますので、納付をお忘れにならないようご注意ください。

申告の方法

  • 手持品課税の概要については、国税庁ホームページをご覧ください。
  • 申告書用紙は、申告者控用、税務署提出用、都道府県提出用及び市区町村提出用の4枚複写となっていますので、切り離さず複写のまま記入してください。
  • 申告書の提出及びたばこ税の納付は、①営業所又は貯蔵場所の所轄税務署長、②都道府県知事及び③市区町村長あて(狛江市内の事業所等の場合、①武蔵府中税務署、②立川都税事務所及び③狛江市役所)にしていただく必要があります。
    ※いずれの窓口でも各提出先分の申告書を一括してお預かりできますので、税務署に申告書を提出いただいた場合、都及び市に改めて申告書を提出する必要はありません。(狛江市あてにご提出いただいた場合も同様です。)
  • 郵送等による提出も受け付けています。(申告者控えの返送のため、返信用封筒を同封してください。)