自転車は手軽に乗れて環境にもやさしい便利な乗り物ですが、自転車が関与する交通事故が増加しています。自転車で相手に怪我をさせてしまい、数千万円という高額の損害賠償の支払いを請求される事例も増えています。自転車を乗る方はこのような場合に備えて自転車保険に加入しておく必要があります。
 自転車の整備点検した場合に付帯保険がついてくる「TSマーク」が広く知られていますが、最近では、高額の損害賠償にも対応した民間損害保険会社の自転車保険の取扱いも増えてきましたので、TSマークに加えてこの機会に加入をご検討ください。

TSマーク

 TSマークは自転車安全整備店で自転車を購入したときや、自転車安全整備士に整備点検を受けたときに貼付してもらうことができます(有料)。TSマークには1年間の付帯保険がついています。
 
 ※TSマークには、青色マーク(第一種)と赤色マーク(第二種)があり、賠償内容が違ってきます。

第一種TSマーク
(青色マーク)

第二種TSマーク
(赤色マーク)

<損害補償>
 TSマークが貼付されている自転車に搭乗している人が、交通事故によって事故の日から180日以内に入院、死亡又は重度後遺障害を負った場合は、下記の表の金額が一律に支払われます。
※重度後遺障害の等級は、自動車損害賠償保障法に定める等級に該当します。

 ■入院15日以上
 (一律)1万円
 ■死亡・重度後遺障害(1~4級)   
 (一律)30万円
 ■入院15日以上
 (一律)10万円
 ■死亡・重度後遺障害(1~4級)
 (一律)100万円

<賠償責任補償>
 TSマークが貼付されている自転車に搭乗している人が第三者に死亡又は重度後遺障害を負わせたことにより、法律上の損害賠償責任を負った場合に、下記の表のとおり適用します。
※重度後遺障害の等級は、自動車損害賠償保障法に定める等級に該当します。
(注1)平成29年9月30日までに貼付した赤色TSマークは、5,000万円です。

■死亡・重度後遺障害(1~7級)
(限度額)1,000万円

■死亡・重度後遺障害(1~7級)
(限度額)1億円(注1)

<被害者見舞金>(注2)
 TSマークが貼付されている自転車に搭乗している人(加害者)が第三者(被害者)に傷害(入院加療15日以上)を負わせ、法律上の損害賠償責任を負担した場合に、下記の表の金額が一律に支払われます。
※青色TSマークには被害者見舞金制度はありません。

被害者見舞金
■見舞金制度はありません
 

被害者見舞金
■入院15日以上
(限度額)10万円


TSマーク付帯保険の加入手続き
 TSマークは、自転車安全整備店で取り扱っています。
  自転車安全整備店(全国自転車安全整備店一覧)でTSマークの貼付を依頼して、自転車の点検整備(有料)を受  
 けてください。
  その際に、自転車安全整備店から「TSマーク付帯保険加入書綴(お客様用)」が渡されますので、1年間保管し   
 てください。
 ※「TSマーク」の有効期間は、TSマークに記載されている点検整備の日から1年間です。
  ぜひ年1回は点検整備を受けてTSマークを更新してください。
 TSマークとは(公益財団法人 日本交通管理技術協会ホームページ)
 

民間損害保険会社の自転車保険

 大手損害保険会社では、高額の損害賠償に対応した自転車保険が販売されています。また、全国のセブン-イレブン店頭で手続きができる自転車保険やスマートフォンから加入できるau損保の自転車保険、ドコモプレミアムクラブ加入者を対象にした自転車保険など手軽に加入できる商品も販売されています。詳しくは各損害保険会社にお問い合わせください。