道路交通法の一部改正により自転車利用のルールが厳しくなりました。

平成27年6月1日より自転車利用に関する道路交通法が改正施行されました。

悪質な自転車運転者に対し、安全講習が義務化されました。 

   以下に記載する14項目の「悪質運転危険行為」を3年以内2回以上摘発された違反者は自転車の安全講習を受けなければなりません。

  

悪質運転危険行為

①信号無視
   ⇒信号は守る

②通行禁止違反
 ⇒「自転車は除く」の表示がない一方通行路には進入しない

③歩道での徐行違反など
 ⇒歩道を運転する場合は、スピードを落として乗る

④通行区分違反
 ⇒道路の左側を走る

⑤路側帯での歩行者妨害
 ⇒歩道がない路側帯を走るときは、歩行者の邪魔をしない

⑥遮断機が降りた踏切への立ち入り
 ⇒遮断機が下りた踏切に入らない

⑦交差点での優先通行車の妨害などの安全義務違反
 ⇒交差点では、特に車や歩行者に注意して運転する

⑧交差点での右折車優先妨害など
 ⇒道路標識を確認し、優先道路を走る車両を優先する

⑨環状交差点での安全進行義務違反
 ⇒道路が円形になった環状交差点では、周囲の車や歩行者に注意して運転する

⑩一時不停止違反
 ⇒一時停止の「止まれ」の標識がある場所では、一旦止まって地面に足をつけて 安全を確認する

⑪歩道での歩行者妨害
 ⇒歩道では歩行者優先で、車道寄りを走る

⑫ブレーキのない自転車運転
 ⇒ブレーキがない自転車(ブレーキが片方しかない自転車も含む)や効きが悪い自転車は整備する

⑬酒酔い運転
 ⇒飲んだら乗らない

⑭携帯電話(スマートフォン)を使用しながら運転するなど
 ⇒傘差し運転や二人乗り、携帯電話(スマートフォン)で話をしながら、イヤホン(片方でもだめ)で音楽を聴きながらの運転はしない

 

講習料等

講習時間   3時間

手数料    5,700円 

対象者    危険行為を3年に2回以上繰り返した14歳以上が対象 

 

<交通ルールとマナーを守りましょう!>

関連情報

自転車運転者講習制度(警視庁)