固定資産税の減免制度とは?

 災害その他特別な事情のある場合等、固定資産税・都市計画税の納付義務の一部または全部を減免する制度があります。この制度によって減免が認められる場合があります。
 この減免制度は、納税義務者の個々の具体的な実情に着目し、一度課税が決定したのちの税についてその税額の一部または全部が軽減または免除されるものです。
 

主な減免事由一覧

1.生活減免…貧困により生活のため公私の援助を受ける者の所有する固定資産

  • 生活保護法の規定により生活扶助等を受ける者の所有する土地、家屋及び償却資産
  • 貧困により納税が困難な者の所有する土地、家屋及び償却資産 

 

2.公益減免…公益のために直接専用する固定資産(有料で使用するものを除く。)

  • 公用又は公共の用に供する土地(自転車置場等)
  • 遊び場、公園、緑地等の土地
  • 文化財等の土地及び家屋
  • 集会所の土地及び家屋

 

3.災害減免…市の全部又は一部にわたる災害又は天候の不順により、著しく価値を減じた固定資産

  • 震災、風水害等の自然災害により損害を受けた固定資産(被害の程度等により減免)

 

4.その他の減免…その他特別な事由のある固定資産

  • 火災等により被害を受けた家屋及び償却資産
  • 診療所の家屋
  • 保育施設の土地、家屋及び償却資産
  • 幼稚園の土地、家屋及び償却資産
  • 普通公衆浴場の土地、家屋及び償却資産
  • 相続税法の規定により物納された土地及び家屋

 

固定資産税の減免の申請

 減免を受けようとする方は、課税課固定資産税係までお問い合わせください。

 

参考

Q.固定資産税・都市計画税の減免制度について教えてください

Q.災害に遭った場合の固定資産税はどのようになりますか?