事業概要

 住宅をバリアフリー化するための改修費用を給付します。予防改修と設備改修があります。

対象者

〔予防改修〕65歳以上で介護保険の要介護認定で自立と判定され、日常生活を営む上で、常時注意を要する方
〔設備改修〕65歳以上で介護保険の要介護認定を受け、日常生活を営む上で、常時注意を要する方
 常時注意を要する方とは、現在の状態で判断し、将来的な不安に備えるための工事は対象となりません。
 

事業内容

〔予防改修〕手すりの取り付け、段差の解消、床・通路面の変更、扉の取り替え、便器の取り替え(和式から洋式)に対して200,000円まで給付します。
〔設備改修〕
浴槽の取り替え(高さ、深さを浅くする工事等)379,000円まで給付します。
流しまたは洗面台の取り替え(車イス利用者が車イス対応のものに替える工事)156,000円まで給付します。
便器の取り替え(和式から洋式に替える工事)106,000円まで給付します。
 ※現在の困難な動作を解消する等福祉的な工事が対象であり、将来的な不安に備えるための工事、古くなった設備の修理や取り替えは対象となりません。        

手続き

 「高齢者自立支援住宅改修費給付申請書」 に、「住宅改修が必要な理由書」 、工事前後図面、見積書を添えて高齢障がい課(福祉総合相談窓口)又は地域包括支援センターへ申請してください。

  なお、自己所有以外の家屋の場合は、所有者または管理者の「住宅改修承諾書」が必要となります

申請書類

 申請書ダウンロードのページへ。

関連情報

 狛江市住宅改修研修会受講者が所属する事業所一覧掲載のページへ。

問い合わせ

 高齢障がい課高齢者支援係

 

ライフイベント