風しんは、風しんウイルスによって引き起こされる急性の感染症です。
 免疫のない女性が妊娠初期に風しんに感染し、風しんウイルスが胎児に感染すると、出生児が先天性の心疾患、難聴、白内障を主症状とする先天性風しん症候群を発症するおそれがあります。 

風しんの追加的対策について

 平成30年7月以降、風しんの患者数が増加しています。患者の多くは、風しんの予防接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性です。
 このような状況を受け、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性に対し、風しん抗体検査および予防接種法第5条第1項の規定に基づく風しんの定期予防接種(風しん第5期定期予防接種)を実施することとなりました。

 対象の方には全国の指定の医療機関等で利用できる無料のクーポン券を発行いたします。まずは風しん抗体検査を受けていただき、抗体検査の結果、十分に抗体を保有していないことが分かった方は定期予防接種を受けましょう。

 なお、この追加的対策による予防接種は、令和4年3月31日までの時限措置として行われるものです。

風しんの追加的対策の対象者

 狛江市民で、昭和37(1962)年4月2日から昭和54(1979)年4月1日までの間に生まれた男性

 ただし、以下の方は抗体検査や定期予防接種を受ける必要はありません
(1)過去に風しん抗体検査等による確定診断を受けたことがあり、罹患記録がある方
(2)平成26年4月1日以降に受けた風しん抗体検査により、十分に抗体を保有している方(HI法で16倍以上、EIA法で6.0以上等を示す記録がある場合)

対象者にはクーポン券が発送されます

 風しんの追加的対策による抗体検査・予防接種を受けるには、狛江市が発行するクーポン券が必要になります。

 平成31年度のクーポン発送対象者は、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性となります。対象者の方へはクーポン券を発送しましたので、ご確認ください。

 昭和37年4月2日から昭和47年4月1日までの間に生まれた男性で、クーポン券の発行を希望する方は、あいとぴあセンター内健康推進課窓口で手続きができます。
 手続きの際は、クーポン券対象者の本人を確認できる書類をご持参ください。(代理の方でも、対象者の書類をお持ちの場合は手続きができます。)
 手続き完了後、住民票のある住所へ郵送でクーポン券をお送りいたします。
※手続き当日にクーポン券をお渡しすることはできませんので、余裕をもってお手続き頂きますよう、お願いいたします。

実施場所

 狛江市内の医療機関
  ⇒狛江市内風しんクーポン券利用可能医療機関一覧 

 抗体検査は、狛江市が実施する特定健診や事業所の健康診断と同時に受けられる場合があります。受診に関する詳細は、受診される医療機関または事業所にお問い合わせください。

費用

 無料(風しん抗体検査・定期予防接種それぞれ1人につき1回)

 

風しんの追加的対策の対象でない方は、風しん抗体検査・先天性風しん症候群予防ワクチン接種ページをご覧ください。

ライフイベント