十二月の四日、十四日、二十四日を、四日大師(よつかだいし)・四日デエシなどとよんで、この日の晩、小豆がゆをつくって食べる習わしがありました。このかゆを大師がゆ(デエシガユ・デイシゲエ)といっています。
 四日大師は、旧暦の十一月の行事でしたが、新暦になってからは月遅れの十二月におこなうようになりました。この日につくる小豆がゆには、その秋とれた米と小豆を用います。小豆がゆの中に短いうどんを入れて、ドジョウがゆに仕立てる家もありました(小足立)。小麦粉をこねてまとめて小指くらいの太さにし、五センチほどの長さに切ったものを、小豆がゆの中に入れて煮込むのがドジョウがゆ。
 大師がゆは、お明かりを上げて、神仏にまず供えました。神棚や仏壇には供えずに、この日にやってくる神様のためにお勝手(台所)の戸棚の上に供える家、荒神様の棚に供えるという家もあり、また、仏壇にだけ供える家もありました。
 四日大師の大師がゆは、かつては狛江の広い地域でみられた家の行事かと思われますが、いまでは、この行事について知る人にもなかなか出会えません。昭和五十年代には、まだ、大師がゆのことなど何人かの方から話を聞けたものでした。
 小足立・覚東(西野川・東野川)地区などでは、明治三十年代生まれの人たちが、「和泉の実家では四日大師のことは聞いていなかったけど、小足立にお嫁にきてから、しばらくの間やってましたね」、「嫁にきた時分、おしゅうと(姑)さんがいたころまでは、大師がゆ、よくやっていたもんですよ」などと話しています。大正の末から昭和の初めごろまでは、この習わしがおこなわれていた家もすくなくなかったようです。昭和四十年代まで続けていたという家もありました(小足立)。岩戸では、府中から嫁いできた人(明治二十七年生)が「実家でやっていた大師がゆを、こっちへ来てからも、やったおぼえがありますよ」と話し、また「喜多見の実家では知らなかったけど、ここでは大師がゆというの、やってましたよ」と言う人もありました(大正七年生)。
 四日大師の日には、明くる年の天気占いをし、稲の作柄を占ったものでした。一年を三つに分け、十二月四日の天気が良ければ一月から四月までは良い天気、十四日が雨ならば五月から八月は雨降りが多く、九月から十二月までの天気は二十四日の天気で、というふうに、一年の天気をみてゆくのです。小足立の明治三十二年生まれの方によると、「よく、おじいさん(舅)が、きょうはワセデエシだ、ナカデエシだ、オクデエシだ」などといって、天気を占ったものだといいます。それによってやがて来る年に作る、早稲(わせ)、中稲(なかて)、晩稲(おくて)の稲作の豊凶を占ったのでした。

中島惠子(狛江市文化財専門委員)