第四中学校合唱部の皆さんの写真です。

 第四中学校合唱部は創部6年目。先輩の精神や思いを受け継ぎ、地道な練習を積み重ねてきました。
 特に歌詞の表現力に磨きをかけ、聴いている人に語りかけ話しかけるような歌声を目標にしてきました。みんなの伝えたい気持ちをリポートにまとめるなど、さまざまな角度から表現方法を探ってきました。
 顧問の横田純子先生は全員合唱を目指し、すべての部員に活躍の場を与える指導を心がけ、「しゃべるように歌いなさい」という指導を徹底しました。
 その結果、10月10日(祝)に渋谷区で行われた「第72回NHK全国学校音楽コンクール」では、課題曲に「花と一緒」、自由曲に「鋸曳き唄(のこひきうた)」を歌い、初出場で最高の栄誉である金賞・内閣総理大臣賞・文部科学大臣奨励賞を受賞しました。
 さらに、10月30日(日)に広島市で行われた「第58回全日本合唱コンクール全国大会」にも東京都代表として出場し、課題曲に「トートーガナシ」、自由曲に「鋸曳き唄」を歌い銀賞を受賞しました。
 第四中学校合唱部の活躍は、市内の小中学生にやればできるという自信と誇りを与え、市民の皆さんにも一生懸命頑張っている中学生の姿を知らせてくれました。
 こうした活躍に対して、市から表彰状を贈呈しました。
〔問い合わせ〕指導室

合唱部顧問 横田純子先生から


 永年の憧れであったことが、この狛江の地で実現できたのかと思うと、感慨深いものがあります。でもまずは、わが生徒たちの頑張りに心から拍手!
 この夏休みから、生徒たちはさらなるステップアップを目指し、強い精神力で数々の試練や困難を乗り越えてきました。そしてこの生徒たちの頑張る姿に、私も支えられてきました。
 また、市民の方々の温かい心に囲まれていたことも支えとなりました。さらなるステップアップを目指してこれからも努力してまいりたいと思います。
 本当にありがとうございました。

合唱部部長 稲浦真結子さんから


 皆様のおかげで、このような素晴らしい賞をいただくことができました。これまでに、色々な困難もありましたが、部員全員で乗り越えてきたことが、今では私たちの一番の自信となっています。
 そして、多くの方からの応援や励ましの言葉が、何よりの支えとなりました。本当にありがとうございました。

NHK全国学校音楽コンクールの様子

全日本合唱コンクールの様子