土壌汚染対策は「東京都環境確保条例」と「土壌汚染対策法」で定められており、有害物質を取り扱っていた工場・指定作業場を廃止する場合、また建物を除去する際には、土壌汚染調査を行う必要があります。

条例に定める有害物質 [97KB pdfファイル]

有害物質を取り扱っていた土地が3,000㎡以上の場合、土壌汚染により大気または地下水を汚染したおそれがある場合は、東京都多摩環境事務所(立川市錦町四丁目6番3号 電話:042-523-3171)へご相談ください。

土壌汚染の調査

 工場または指定作業場を廃止し、全部または主要部分を除却するときは、土壌汚染状況調査が必要となります。

〔調査機関〕指定調査機関一覧(環境省ホームページより)

〔調査実施時期〕調査実施後に新たな土壌汚染が引き起こされることがなくなった日以降かつ、工場等の廃止または主要な部分の除却を行おうとする日の30日前まで

 〔届出様式〕

  調査の結果、基準を超える汚染が認められた場合は拡散防止計画書を提出してください。

  汚染拡散防止措置が完了したときは、完了届出書を提出してください。