市内で適正管理化学物質を取り扱う事業者は、「東京都環境確保条例」により各種届出が必要になります。

 適正化学物質とは(東京都環境局ホームページ)

使用量等報告書の提出

 適正管理化学物質の取扱いが年間100kg以上ある場合、前年度の使用量等を把握し、毎年報告書を提出してください。

 〔届出様式〕適正管理化学物質の使用量等報告書 [69KB docファイル] 

      ※添付資料を含めて正副2部

 〔報告対象時期〕前年4月1日から今年3月31日までの間

 〔報告内容〕適正管理化学物質ごとの使用量、製造量、製品としての出荷量、排出量及び移動量等

 〔提出時期〕毎年4月~6月頃

化学物質管理方法書の提出

 適正管理化学物質の取扱いが年間100kg以上あり、かつ事業所の従業員数(正社員)が21名以上である場合、取扱い時における環境中への排出防止、事故災害時の環境汚染拡大の防止のため「化学物質管理方法書」の提出が必要です。

 〔届出様式〕化学物質管理方法書 [49KB docファイル] 

     ※添付資料を含めて正副2部

〔提出内容〕震災対策も盛り込んだ化学物質取扱い時における排出の防止方法、化学物質の性状や製造工程などに応じた取扱方法等

〔提出時期〕方法書を作成後、早めに提出してください。内容が変更された場合は、その都度提出してください。毎年度提出する必要はありません。

その他

 この他、東京都環境局ホームページでは、「業種別作成・届出の手引き」を公開しています。