市では、皆さんからの届け出により住民基本台帳を作成します。住民基本台帳は、居住関係を証明するほか、印鑑登録証明、選挙人名簿の登録、小・中学校への就学、各種手当の支給、国民健康保険、国民年金などの基礎となる大切なものです。
 届け出がないと、これらの証明を受けたり、資格を得たりすることができなくなりますので、住所や世帯の変更があったときは、速やかに届け出ください。
 なお、住民基本台帳法の一部が改正され、平成20年5月1日から施行されました。住民票の写し等の不正取得や虚偽の届出の防止を図ることを目的としており、本人確認が法律で義務付けられました。

住民基本台帳に関する届け出一覧
届出事項 届出期間 必要なもの

【転出届】
狛江市から市外へ

引っ越し前

国民健康保険証(加入者のみ)、印鑑登録証(登録者のみ)、住基カード(所有者のみ)

【転入届】
市外から狛江市へ

転入した日から14日以内

マイナンバーカード(所有者のみ)、転出証明書、住基カード(所有者のみ)
※国外から帰国した方はパスポートと戸籍謄本、戸籍の附票

【転居届】
市内で住所変更

転居した日から14日以内

マイナンバーカード(所有者のみ)、国民健康保険証(加入者のみ)、住基カード(所有者のみ)

【世帯変更届】

異動した日から14日以内

国民健康保険証(加入者のみ)

(1)届け出時には、本人確認書類をお持ちください

第三者による虚偽の届け出を防止するため、市では本人確認書類の提示等による、来庁者の本人確認を行っています。届け出に来庁される方は、下記の本人確認書類をお持ちください。

(2)本人確認書類等の種類

本人確認のための書類を1点または2点以上提示していただきます。事前にご確認ください。

1点の提示で本人確認とする書類

  • マイナンバーカード
  • 写真付きの住民基本台帳カード
  • 運転免許証
  • 旅券(パスポート)
  • 国または地方公共団体の機関が発行した顔写真付きの免許証・許可証・資格証明書等

2点以上の提示で本人確認とする書類

  • 健康保険証
  • 年金証書(手帳)等
(3)代理による届け出は委任状が必要です

代理人が手続きをする場合は、代理権限の確認のため、依頼者が作成した委任状を提出していただきます。また、代理人の本人確認も行います。

 

住民票の写し

住民票の写しは、自動車の登録、就学、運転免許の取得、住宅ローンの賃貸契約等に必要です。
申請にあたっては、次の点に注意ください。

(1)交付申請できる方
  • 本人または本人と同一世帯に属する方
  • 国・地方公共団体の機関
  • 上記以外の方が請求者の場合は、住民票を必要とする理由、使用目的、提出先等を明らかにする必要があります。 (本籍、世帯主名と続柄は省略されます。)その理由がプライバシーの侵害や差別につながるような場合には交付することができません。
(2)本人確認書類等の種類

手続きにいらした方の本人確認を実施しています。

  • マイナンバーカード
  • 写真付きの住民基本台帳カード
  • 運転免許証
  • 旅券(パスポート)
  • 国または地方公共団体の機関が発行した顔写真付きの免許証・許可証・資格証明書    
  • 健康保険証等

本人確認書類の種類によっては2点以上お持ちいただく場合がありますので、事前にご確認ください。

(3)代理による届け出は委任状が必要です

代理人が手続きをする場合は、代理権限の確認のため、依頼者が作成した委任状を提出していただきます。また、代理人の本人確認も行います。

(4)住民票の写しは、特に必要がないときは本籍、世帯主名と続柄を省略して証明します

本籍、世帯主名と続柄が必要かどうか事前に提出先に確認の上、請求してください。

住民票の写し等交付手数料
証明書等の種類 単位 手数料
住民票の写し 1通

300円 
※自動交付機の場合は200円。郵送請求の場合は400円

除かれた住民票の写し 1通

300円
※郵送請求の場合は400円

住民票の閲覧 30分ごと

200円
1世帯分転記するごとに300円を加算

住民票記載事項証明 1通

300円
※郵送請求の場合は400円

不在住証明書 1通

300円
※郵送請求の場合は400円

※郵送で請求する場合、手数料が上記とは異なるものもあります。詳しくはこちらをご覧ください。