平成31年4月から紙おむつのごみの出し方が変わります

子育て、介護、在宅医療などで使用した使用済の紙おむつ(幼児用、高齢者用は問いません。ただしペット用のものは不可です。)、汚物をよく取り除いて、容量45リットルまでの透明または半透明の中身が確認できる袋(レジ袋可)に入れて燃やせるごみの収集日に出すことができるようになります。 紙おむつのごみの出し方が変わります [1996KB jpgファイル] 

《注意点とお願い》

  • 透明または半透明の袋で出すときには、必ず袋の表面に油性ペンなどで「おむつ」と明記して口を縛って出してください。
  • 袋の中に他のごみを混ぜないでください。他のごみが混入している場合は収集することができません。
  • 紙おむつのごみの出し方が変わることから、

     0、1、2歳児を養育している世帯

     介護用品の支給を受けている世帯

    を対象とした、ビン・缶リサイクルセンターでの指定ごみ収集袋の無料配布はなくなります。