昭和56年に狛江郵便局において、狛江市在住の小池邦夫氏(絵手紙創始者・日本絵手紙協会名誉会長・狛江市名誉市民)を講師として日本で初めての絵手紙教室が開催されました。
その後、小池邦夫氏による書籍の出版、絵手紙展の開催などを経て多くの絵手紙ファンが狛江から全国に広がっていきました。
平成16年に絵手紙発祥23周年記念キャンペーンとして、郵便局と市のタイアップにより記念絵手紙教室、記念講演会や絵手紙マラソン展覧会が行われ、数多くの絵手紙が市内各所に展示されました。
さらに、平成17年には狛江郵便局に絵手紙発祥の地を記念した絵手紙メモリアルポストが設置されました。その後、平成19年度には,「絵手紙発祥の地-狛江」が市の事業となり、平成19年12月に「絵手紙発祥の地―狛江」実行委員会が設置され、事業が開始されました。
この取り組みの中で平成22年には、狛江駅前に3m×4mの小池邦夫氏の初代巨大絵手紙が設置され、令和2年には市制50周年を記念して2代目の巨大絵手紙が設置されました。さらに、市内を循環する狛江市コミュニティバスである「こまバス」の車体にも小池邦夫氏の作品が描かれているほか、出生届の際には絵手紙出生カードをお渡ししています。
このような市の取り組み以外にも、市内では絵手紙愛好家が多く活動し、狛江の玄関口である小田急線狛江駅をはじめ、市内各所に点在する絵手紙ギャラリーでは、全国の絵手紙ファンから寄せられた四季折々の絵手紙が展示されています。
また、平成25年度からは絵手紙に関する事業を(一財)狛江市文化振興事業団に事業委託し、どなたでも参加できる絵手紙教室や絵手紙講師派遣事業などを実施し、気軽に絵手紙に見て、触れて、感じられる環境づくりをしています。

 

通年事業

絵手紙教室や絵手紙ひろば、講師派遣事業に関する問い合わせ

一般財団法人 狛江市文化振興事業団「絵手紙発祥の地-狛江」実行委員会事務局
電話 03-3430-4106

狛江市まるごと美術館

狛江市では絵手紙を中心に市内全域を美術館とみたて、多方面の芸術作品を市内各所に展示する「狛江まるごと美術館」事業を実施し、シティプロモーションに取り組んでいます。

巨大絵手紙

 令和2年9月9日狛江駅前北口ロータリーに掲出している巨大絵手紙のデザインを更新しました。

絵手紙マンホール

 小池邦夫氏がデザインした絵手紙デザインマンホールを狛江駅前の歩道に15カ所設置しました。
   

 

絵手紙ロードシート

小池邦夫氏がデザインした絵手紙ロードシートを、狛江駅から和泉多摩川商店街に向けての歩道に10カ所貼付しました。
   

 

狛江駅絵手紙ギャラリー

絵手紙愛好家による季節の絵手紙ギャラリーに加え、令和3年7月20日より狛江市名誉市民、絵手紙創始者である小池邦夫さんの作品ギャラリーを駅構内に新設しました。狛江市まるごと美術館はこれからも広がり続けます。

 

 

その他さまざまな形で絵手紙デザインが用いられています。

こまバス
絵手紙出生カード

 

 

狛江まるごと美術館「絵手紙散策マップ」
 
市内に展示している絵手紙の鑑賞スポットなどを紹介した絵手紙散策マップを作成しました。狛江の観光情報などもあり、マップを片手に狛江市の散策をお楽しみいただけます。
 マップを使って、小池邦夫氏の作品を鑑賞しながら市内施設7カ所を巡っていただくと記念品がもらえるスタンプラリーに参加できます。

「狛江市まるごと美術館絵手紙散策マップ」配布場所
(1)狛江市役所 (2)エコルマホール (3)西河原公民館 (4)野川地域センター (5)上和泉地域センター (6)岩戸地域センター (7)南部地域センター
※(2)エコルマホールは令和4年11月末(予定)まで改修工事のため閉館 → 配布・スタンプ押印は仮事務所で対応します。
<エコルマホール仮事務所(駄倉地区センター2階)狛江市東和泉1-3-17、電話03‐3430‐4106(土・日曜日、祝日休)>


    スタンプラリーチラシ ※「スタンプラリー」画像をクリックすると拡大表示します。

 

「絵手紙のかき方」動画を公開しています

はじめての方でも絵手紙がかけます。「絵手紙のかき方」についての動画を市公式動画サイト(YouTube)で公開しています。
みなさん、ぜひご覧いただき、絵手紙をかいてみてください!