行政評価とは

 行政評価とは、狛江市総合基本計画(基本構想・基本計画)の推進に向けて市が行った行政活動について、投入コストや得られた成果などを様々な視点から評価することにより、課題を抽出し、次年度以降の予算編成や事業等の見直しに活用することで、行政活動の改善と市政の透明性を確保するために実施するものです。

 行財政運営の見直しと市民サービスの向上を両立していくために、行政評価を活用し、成果重視の行政運営を実現し、市民に対する説明責任を果たします。

 行政評価は、計画(PLAN)→実施(DO)→評価(CHECK)→改善(ACTION)→計画(PLAN)→・・・と循環する、「PDCAサイクル」によるマネジメントシステムにおいて、評価(CHECK)に位置付けられるものです。
  

行政評価の種類

 狛江市の行政活動は「政策-施策-事務事業」の三層構造から構成されています。この3つはピラミッド型の構造となっており、それぞれが「目的⇔手段」の関係になっています。狛江市では、この三層構造のうち、「施策」及び「事務事業」の評価を行っています。

施策評価
基本構想に掲げる将来都市像を実現するために、基本計画に掲げる「施策(重点化した方向性)」を対象とし、施策(重点化した方向性)ごとにその成果を評価します。
事務事業評価
施策の目標を達成するために市が行う事業を対象とし、事業ごとにその成果を評価します。

 

行政評価の方法

内部評価
施策・事業を担当する部署において、自己評価を行い、より効果的な事業へ向けた見直しを図ります。
外部評価
公募市民委員・学識経験者等で構成する「狛江市基本計画推進委員会」において、市民及び専門的視点から評価し、より効果的な施策の実現へ向けた提言を行います。

 

行政評価の公表

内部評価
庁内による内部評価終了後、その結果を取りまとめた報告書を作成し公表します。

平成31年度内部評価結果報告書(平成30年度実施事業評価).pdf [ 3493 KB pdfファイル]

 

外部評価
狛江市基本計画推進委員会から提出された施策ごとの提言内容もとに、提言に関する対応方針を付した報告書を作成し公表します。

狛江市の取組を市民目線でチェックしました~平成30年度狛江市外部評価結果報告書.pdf [ 501 KB pdfファイル]