狛江市まちづくり条例(以下「条例」といいます)は、安心して暮らせる、やすらぎのある住環境を維持し創造するため、土地利用や建築等に関する手続きを定めることにより、市民、事業者および市の協働による望ましいまちづくりを計画的に推進することを目的としています。
 条例では、協働による望ましいまちづくりを推進するために、市民の皆さんによる提案制度を定めています。

 まちづくりグループ

 まちづくりに関する考えや意見を持った者が集まり、次のような活動を行うために学習・意見交換等を行う場合、まちづくりグループとして市に登録の申請ができます。

  1. ある地区において、その地区の特性に合った基準もしくはルールの導入または当該地区のまちづくりに関する目標もしくは土地利用に関する事項を定めようとする活動
  2. まちづくりに関する緑の保全、歩行環境、景観形成その他任意の分野についての調査、研究、実践等の活動
 地区まちづくり協議会

 地区の市民等は、その地区の特性にあった基準、ルールの導入、その地区のまちづくりに関する目標、その地区の土地利用に関する事項を定めることを目的に、地区まちづくり協議会として認定を申請することができます。申請の後、まちづくり委員会に申請内容等について意見を聴いた上で、市が定める要件に該当する場合は、地区まちづくり協議会として認定をします。

 テーマ型まちづくり協議会

 まちづくりに関する緑の保全、歩行環境、景観の形成、その他任意の分野についての調査、研究、実践等の活動を目的に、テーマ型まちづくり協議会として認定を申請することができます。申請の後、まちづくり委員会に申請内容等について意見を聴いた上で、市が定める要件に該当する場合は、テーマ型まちづくり協議会として認定をします。

 手続き等の詳細は市民等による まちづくり提案制度 [639KB pdfファイル] をご覧ください。