■個人情報保護制度
 狛江市個人情報保護条例は、市が保有する個人情報についての取り扱いのルールを定めるとともに、皆さんが自己の個人情報について、開示・訂正・利用停止などを求める権利を保障しています。

【ご自身の個人情報に関する開示請求等】
 市民の皆さんは、市に対し、自己に関する個人情報の開示を求めることができます。そして、開示された自己の個人情報に事実の誤りがあった場合には、その訂正を求めることができます。さらに、市が皆さんの個人情報を、条例の規定によらずに目的外利用または外部提供をしている、またはしようとしていると認める場合には、その利用等を中止するように求めることができます。
 ただし、市は、法令により開示することができないと定められているものや、第三者の権利や利益を侵害する恐れがあるときなどには開示しなくてもよいとされています。

【開示等の決定に対する救済手続き】
 開示請求等に対する市の決定または不作為について不服があれば、狛江市個人情報保護条例の規定により、審査請求をすることができます。
 審査請求が出された場合には、第三者機関である狛江市行政不服審査会において審査を行います。

【狛江市個人情報保護審議会】
 狛江市個人情報保護審議会は、狛江市の個人情報保護制度の運営を適正に行うために、市長の諮問機関として設置されています。
 保有する個人情報を職務執行上の必要性から目的外に利用したり、委託先等の実施機関以外に外部提供をしようとする場合には、条例の規定により、あらかじめ本人の同意があるとき、法令に特別の定めがあるとき、市民の生命、身体または財産の安全を守るため、緊急かつやむを得ないと認められるときを除き、あらかじめ審議会の意見を聴かなくてはなりません。
 審議会は現在、市民、学識経験者6人の委員で構成し、年4回定期的に審議を行っています。