【開示請求手続きの流れ】

(1)担当課窓口にて、個人情報開示請求書を提出

 ご自身の個人情報を保有する担当課の窓口で、必要事項を記載した個人情報開示請求書を提出してください。担当課がわからない場合には、4階政策室企画法制担当にお問い合わせください。
 請求の際には、本人であることを証明するために必要な書類(運転免許証、パスポート、健康保険の被保険者証書等)の提示が必要です。本人が請求できない場合は、法定代理人のみが本人に代わって請求することができます。この場合、法定代理人であることを証明する書類の提示が必要です。
個人情報開示請求書

(2)担当課にて請求を受理・開示決定

 請求を受理後、個人情報を開示するか否かの決定を行います。個人情報保護条例に規定する非非開示とできる個人情報が含まれている場合や、該当する個人情報を保有していない場合には、一部公開又は非公開の決定を行います。

(3)開示

 開示請求をされたご本人にのみ開示を行います。その際には、本人であることを証明するために必要な書類(運転免許証、パスポート、健康保険の被保険者証書等)の提示が必要です。また法定代理人の場合は、代理人であることを証明する書類の提示が必要です。
 開示方法は、原本の閲覧、視聴または写しの交付によって行います。なお、複写代等写しに要する費用は実費をいただきます。