固定資産税・都市計画税は、その年の1月1日現在の所有者に課税されます。例え、年の途中で土地や家屋を売却しても、その年の税金は1月1日現在の所有者に全額課税されます。
 なお、未登記家屋の所有者変更には申請が必要です。売買契約書等の所有権の移転が確認できる書類を持参の上、課税課固定資産税係へお越しください。

土地・家屋の売却による収入も所得とみなされるため、翌年には住民税も課税されることがあります。詳しくは、課税課住民税係へお問い合わせください。