市内の交通事故発生状況

 令和2年の市内での交通事故発生件数は77件(前年99件:22件減)、死者数0人(前年0人)、負傷者数80人(前年107人:27人減)、東京都全体では交通事故発生件数は25,642件(前年30,467件:4,825件減)、死者数155人(前年133人:22人増)、負傷者数28,888人(前年34,777人:5,889人減)でした。
 都内市内に限らず、死亡事故を含む重大事故の多くは幹線道路で発生しています、交通量が多い道路では、遠くても横断歩道を渡ること、信号を守ることなど、交通ルールの基本を心がけ、交通事故に遭わないようにしましょう。

 ■交通事故件数および死傷者数

  平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 令和元年 令和2年
交通事故件数 195件 169件 175件 138件 128件 102件 108件 79件 99件 77件
死傷者 死者数 3人 1人 3人 0人 0人 0人 0人 1人 0人 0人
負傷者数 206人 178人 187人 157人 142人 111人 116人 85人 107人 80人
合計 209人 279人 190人 157人 142人 111人 116人 85人 107人 80人

 

「自転車」「高齢者」が関与する事故率が増加しています

 市内での交通事故の死傷者を年齢別にみると、0~14歳の子どもの関与率が5.0パーセント(前年比0.3パーセント増)、15~24歳の青年層が12.5パーセント(前年比8.8パーセント減)、25~64歳が48.75パーセント(前年比14.85パーセント減)、65歳以上の高齢者が33.75パーセント(前年比5.75パーセント増)で、昨年も死亡事故はゼロで、事故件数・負傷者数も減少しています。
 交通事故の発生状況においては、自転車が関与した事故件数の割合は61.0パーセント(前年比7.5パーセント増)、東京都全体は40.6パーセント(前年比1.6パーセント増)、また高齢者が関与した事故件数の割合は44.2パーセント(前年比1.8パーセント増)、東京都全体は31.4パーセント(前年比1.6パーセント減)でした。

 東京都の中で自転車関与率・高齢者関与率ともに『ワースト1』となり、最も高い状況となっています。
 市内の事故は、交差点や出会頭の事故が多いので、自転車安全利用五則を守り、自転車のマナーアップを心がけるだけでなく、高齢者による歩行中の事故も多く発生しています、「自分は大丈夫」と油断せず、事故はいつでも、どこでも起こり得ることを意識していきましょう。
▲ページの先頭へ戻る