狛江市福祉のまちづくりの手続きに関する詳細は、狛江市福祉基本条例申請の手続き [1069KB pdfファイル] を参照ください。

 

概要

 狛江市は、平成6年度に狛江市福祉基本条例を策定し、福祉のまちづくりに関して狛江市独自の基準(福祉環境整備基準)により不特定かつ多数の人が利用する施設の新設等に指導・助言をしてきましたが、平成21年度に東京都福祉のまちづくり条例が改正され、都条例の整備基準が引き上げられたことにともない狛江市福祉基本条例を東京都福祉のまちづくり条例と同等以上となるよう改正を行い、平成22年4月1日より施行しました。

 狛江市は、東京都福祉のまちづくり条例の一部適用除外を受けていますので、市内に公共的建築物等を整備する際には、下記の手続きが必要となります。

 狛江市福祉基本条例に基づく届出

 平成22年4月1日以降、市内において、不特定かつ多数の人が利用する施設の設計や施工に関し、狛江市福祉基本条例に基づき事前相談、届出の受付を市の窓口で行います。条例の対象となる施設については、工事に着手する日の30日前までに整備基準適合の届出が必要です。建築確認申請が必要な施設については、建築確認申請に先立ち届出を行ってください。
狛江市福祉基本条例関係に関する申請書は、「狛江市福祉基本条例関係申請書(事業者向け)」へ。

 狛江市みんなにやさしい生活空間づくり補助金の申請を受け付けています

 狛江市では、高齢の方や障がいのある方、乳幼児をお連れの方など、すべての方にやさしい生活空間づくりを推進するため、不特定多数の方が使用する施設の改修工事費の一部を助成しています。

 詳細は、「みんなにやさしい生活空間づくり推進事業補助金のご案内  」をご覧ください。

  狛江市福祉環境整備基準適合証について

 狛江市福祉基本条例では、不特定かつ多数の方が利用する部分を有する施設において、高齢者や障がい者等が円滑に利用することができるようにするために、整備基準への努力義務を課しています。

 この整備基準に適合している場合、施設所有者の請求に基づき、以下の狛江市福祉環境整備基準適合証「やさしさマーク」を交付しています。

 

「やさしさマーク」を取得した狛江市内の施設については、狛江市福祉基本条例に基づく福祉環境整備基準適合証「やさしさマーク」交付施設をご覧ください。