乳がんについて

乳がんは、女性のがんの中で罹患する人(かかる人)が多く、死亡原因の上位に位置するがんです。早期の乳がんは自覚症状がないことが多いですが、しこり、乳房のひきつれ、乳頭から血性の液が出る、乳頭の湿疹やただれなどの気になる症状がある場合には検診を待たず、すぐに医療機関を受診する必要があります。

乳がん検診の方法は?

狛江市の乳がん検診は、マンモグラフィによる検診です。

乳がん検診は何歳から受けられる?

狛江市で実施している乳がん検診は、40歳以上の女性で2年に1回の受診できます。

費用はいくらかかる?

  • 50歳以上:1,000円
  • 40歳~49歳:2,000円

※年度末年齢41歳の女性には無料クーポンを発送しております。クーポン利用で、無料となります。クーポンが届いていない、紛失した、転入したのでクーポンがないという方は、健康推進課(03-3488-1181)へご連絡ください。該当年の検診期間まで利用可能です。期限を過ぎた場合は利用できません。

狛江市の乳がん検診はどこで受けられる?

狛江市の乳がん検診は、(公財)東京都予防医学協会に検査を委託しており、新宿区市ヶ谷にある(公財)東京都予防医学協会で受診する方法と、狛江市あいとぴあセンターに来るバス検診で受診する方法の2パターンで実施しています。

月に1回は乳房チェックをしましょう!

乳房を意識して、乳房の変化に気を付けて生活しましょう。普段の乳房と変わりがないかという気持ちで気軽に「乳房チェック」をしましょう。

  1. ご自分乳房の状態を知る(見て、触って、感じる:乳房チェック)
  2. 早く乳房の変化(しこり、皮膚の凹みや血性の乳頭分泌など)に気づく
  3. 乳房の変化に気がついたら、すぐに医師へ相談する
  4. 自覚症状がなくても、40歳からは2年に1回、定期的に検診を受けましょう

乳がん検診を受けたい

女性が受診できるがん検診のページから申し込み方法をご確認ください。