胃がんについて

胃がんは、胃の壁の内側を覆う粘膜の細胞が何らかの原因でがん細胞となり、無秩序に増えていくことにより発生します。がんが大きくなるにしたがい、徐々に粘膜下層、固有筋層、漿膜(しょうまく)へと外側に深く進んでいきます。がんがより深く進むと、漿膜(しょうまく)の外側まで達して、近くにある大腸や膵臓にも広がっていきます。このようにがんが周囲に広がっていくことを浸潤といいます。

胃がんでは、がん細胞がリンパ液や血液の流れに乗って、離れた臓器で留まって増える転移が起こることがあります。また、漿膜(しょうまく)の外側を超えて、お腹の中にがん細胞が散らばる腹膜播種(ふくまくはしゅ)が起こることがあります。

 

胃がん検診の方法は?

狛江市の胃がん検診は、(1)エックス線検診(バリウム検査)、(2)内視鏡検診の2つの検診方法があります。

内視鏡検診については、令和3年度はアレルギーがある方等に限定して実施しておりましたが、令和4年度から本格実施となりました。

胃がん検診は何歳から受けられる?

(1)40歳以上年1回

(2)50歳以上2年に1回 ※国の指針で、特に推奨する者を50歳以上69歳以下の者とされているため、狛江市では、年度末年齢50歳以上69歳以下の奇数年齢

費用はいくらかかる?

(1)無料

(2)3,000円
※ただし、胃内視鏡・肺・大腸がん検診のセット検診のみ実施

狛江市の胃がん検診はどこで受けられる?

狛江市の胃がん検診は、(公財)東京都予防医学協会に検査を委託しており

(1)狛江市あいとぴあセンターに来るバス検診または新宿区市ヶ谷にある(公財)東京都予防医学協会で受診する方法の2パターン

(2)新宿区市ヶ谷にある(公財)東京都予防医学協会で受診する方法のみ

胃がん検診を受けたい

(1)下記のページより申し込み方法をご確認ください。

(2)申込期限までに電子申請または郵送で申し込み

  • 申込期限は4月1日(金曜日)~4月18日(月曜日)
  • 定員100名(多数抽選)

申し込み方法

電子申請

胃がん内視鏡・肺がん・大腸がんのセット検診の電子申請について(外部リンク)

郵送

下記の項目を記入の上、健康推進課へ郵送してください。

記入項目
  1. がんセット検診希望
  2. 郵便番号、住所
  3. 氏名(ふりがな)
  4. 生年月日
  5. 年齢
  6. 電話番号
  7. 喫煙歴がある方は1日あたりのたばこ本数と喫煙年数 
あて先

〒201-0013   狛江市元和泉2-35-1(あいとぴあセンター内)狛江市健康推進課