マイナンバー(個人番号)の通知カードの廃止について 

法律の改正により、通知カードは令和2年5月25日に廃止されました。

通知カードはマイナンバーカードとは異なり、皆さんに「マイナンバー(個人番号)」をお知らせしてきた紙製のカードです。

お手元にある通知カードは、現在の氏名や住所等に変更がない限り、引き続きマイナンバーを証明する書類として使用することができます(一致していないとマイナンバーを証明する書類として使用できませんのでご注意ください)。

 

通知カードの様式

 

通知カード廃止後の取り扱い
マイナンバー(個人番号)の通知方法

出生や国外転入などで初めてマイナンバー(個人番号)が付番される方には、マイナンバーの記載された「個人番号通知書」が郵送されます。

※既に通知カードをお持ちの方には「個人番号通知書」は発行されません。

通知カードに関する手続き

廃止後は、通知カードに関する以下の手続きが出来なくなります。

  • 氏名、住所等の記載事項の変更手続き
  • 再交付手続き

※現在通知カードをお持ちの方は、氏名や住所等に変更が無い限り、引き続き使用することができます。通知カードに記載されたマイナンバー(個人番号)は、引き続き使用する番号ですので、紛失しないようにご注意ください。

 

廃止後のマイナンバー(個人番号)確認方法について

すでにマイナンバー(個人番号)が付番されている方で、マイナンバー(個人番号)を確認したい場合は以下の方法でお手続きをしてください。

  • マイナンバーカードを申請する(申請からカードの受取りまで1カ月~2カ月かかります。)
  • マイナンバー(個人番号)が記載された住民票の写しまたは住民票記載事項証明書を取得する

 

通知カードを受け取られていない方

通知カードを受け取られていない方は、通知カードが市役所に返戻されている場合があります。

※通知カードの発行から90日以内であれば、市役所2階市民課窓口でお受け取りが可能です。


市役所へ返戻された通知カードの受け取りには、以下のものが必要です。 

受領者 持ち物
本人が受け取る場合
※同一世帯員のいずれか一人が受領にお越しの場合は、お越しになった方の本人確認のみで、他の世帯員の通知カードも併せて受領いただけます。
  1. 本人確認書類(コピー不可)
    顔写真付きの公的身分証明書1点 
    (例)免許証・パスポート・住民基本台帳カード・在留カード・障害者手帳等
    ※上記身分証明書がない場合、健康保険証、介護保険被保険者証、医療受給者証、各種年金証書、年金手帳、社員証、等「氏名と住所」または「氏名と生年月日」が記載されたもの2点
  2. 受領印(署名または押印いただきます)
代理人が受け取る場合
※対象者本人の本人確認書類、代理人の代理権を証明する書類、代理人の本人確認書類の提示がない場合は通知カードのお渡しができませんので、ご注意ください。
上記、対象者本人の本人確認書類の他に以下のものをご持参ください。
  1. 代理人の代理権を証明する書類
    ※法定代理人(親権者・成年後見人等):戸籍謄本、その他その資格を証明する書類
    ※任意代理人:本人からの委任状(記名、押印のあるもの)
  2. 代理人の本人確認書類(本人が受け取る場合の本人確認書類と同様)
  3. 代理人の印(受領時、署名または押印いただきます。対象者本人の受領印は不要です。)