令和4年度より、定期接種対象者には予診票を送付します

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防接種は、平成25年4月1日より定期予防接種となりました。
しかし、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛み等の副反応が接種後に特異的に見られたことから、平成25年6月14日付で厚生労働省より、同副反応の発生頻度がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、積極的な接種勧奨を控えることとされてきました。

その後、このワクチンの有効性及び安全性に関する評価、接種後に生じた症状への対応、情報提供の取り組み等について継続的に議論が行われ、昨年秋、改めてこのワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められました。

このことから、令和3年11月26日付厚生労働省の通知をもって、積極的勧奨を差し控える状態を終了し、令和4年度より順次、個別勧奨を再開することとなりました。

厚生労働省通知:ヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種の今後の対応について [168KB pdfファイル]

定期接種対象者の方へ

対象者 

12歳になる年度初日から16歳になる年度末日までの女子(小学6年生から高校1年生相当)(標準接種年齢:13歳となる年度の1年間(中学1年生相当)

予診票等の送付スケジュール

  • 中学校1年生から高校1年生の方へは、4月中にご案内、リーフレット、予診票を送付します。
  • 小学校6年生の方へは、ご案内、リーフレットを送付します。接種を希望の方は、予診票をお送りしますので、電子申請(外部リンク)または健康推進課へご連絡ください。

積極的勧奨を差し控えていた時期に接種機会を逃した方へ

積極的勧奨を差し控えていた期間(平成25年~令和3年)に接種機会を逃したかたを対象に、キャッチアップ接種が実施されることになりました。

対象者

平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれの女性(令和4年度に高校2年生から25歳になる女性)

キャッチアップ接種の実施期間

令和4年4月1日から令和7年3月31日までの3年間

予診票等の送付スケジュール

  • 平成14年4月2日から平成18年4月1日生まれの方(今年高校2年生から20歳になる方)へは、6月中にご案内、リーフレット、予診票を送付します。
  • 平成9年4月2日から平成14年4月1日生まれの方(今年21歳から25歳になる方)へは、6月中にご案内、リーフレットを送付します。接種を希望の方は、予診票をお送りしますので、電子申請(外部リンク)または健康推進課へご連絡ください。

接種方法

狛江市予防接種実施医療機関に掲載されている医療機関に予約の上、予診票と母子健康手帳を医療機関へご持参ください。

接種スケジュールについて(接種間隔と回数)

  • <サーバリックス(2価)> 計3回接種
    1カ月以上の間隔をあけて2回接種後、1回目の接種から5カ月以上かつ2回目の接種から2カ月半以上あけて3回目を接種
    標準的には、1カ月以上の間隔をあけて2回接種後、1回目の接種から6カ月以上の間隔をあけて3回目を接種
  • <ガーダシル(4価)> 計3回接種
    1カ月以上の間隔をあけて2回接種後、2回目の接種から3カ月以上の間隔をあけて3回目を接種
    標準的には、2カ月以上の間隔をあけて2回接種後、1回目の接種から6カ月以上の間隔をあけて3回目を接種

接種にあたってのご注意

接種による有効性が副反応のリスクを上回ることが確認されましたが、すべての予防接種には、効果とリスクが存在します。

予防接種を受けるにあたっては、かかりつけ医と相談するなど、その有効性と接種による副反応のリスクをご本人、保護者とも十分に理解した上で受けるようにしてください。

参考情報(厚生労働省)

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防接種に関する相談窓口(厚生労働省 感染症・予防接種相談窓口)

電話番号

03-5276-9337

受付日時

平日9時~17時(土・日曜日、祝日、年末年始は除く)

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防接種を見送った方へ

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防接種を接種されなかった方については、以下の点に留意してください。

20歳を過ぎたら、定期的に子宮頸がん検診を受けましょう。検診により子宮頸がんを早期発見することができれば、子宮の部分切除等の治療により、がんによる死亡を防ぐことができます。

狛江市では、20歳以上の女性の方を対象として、子宮頸がん検診(2年に1回)を市内医療機関又は東京都予防医学協会で実施しています(予約制)。