現在、積極的な勧奨を差し控えています

 平成25年4月1日より、ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防接種が予防接種法にもとづく定期予防接種の対象となりましたが、平成25年6月14日に厚生労働省で開催された、平成25年度第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会において、子宮頸がん予防ワクチンについて、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛み等の副反応が接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、積極的な接種の勧奨を控えるよう勧告がありました。

 この勧告により、現在狛江市では当該予防接種のご案内について個別送付を停止しており、接種を積極的にはお勧めしていません。

 

定期予防接種は引き続き実施しています

 定期予防接種が中止されたわけではありませんので、対象者(12歳になる年度初日から16歳になる年度末日まで(小学校6年~高校1年相当)の女子)は公費で接種が受けられます。
 なお、予防接種を受けるにあたっては、かかりつけ医と相談するなど、その有効性と接種による副反応のリスクをご本人、保護者とも十分に理解した上で受けるようにしてください。

予診票の発送

接種を希望する方は予診票を発行しますので、狛江市健康推進課(電話番号:03-3488-1181)へお問い合わせください。

受診方法
  • 医療機関へ電話で予約してください。
  • 原則として、当日は保護者が同伴してください。
  • 予診票、母子健康手帳を持参してください。
  • 疑問や不安があるときは、接種医師にご相談ください。

 

参考情報(厚生労働省)

 

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防接種に関する相談窓口(厚生労働省 感染症・予防接種相談窓口)

   電話番号:03-5276-9337

受付日時:平日9時~17時(土・日曜日、祝日、年末年始は除く)

 

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防接種を見送った方へ

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防接種を接種されなかった方につきましては、以下の点に留意してください。
20歳を過ぎたら、定期的に子宮頸がん検診を受けましょう。検診により子宮頸がんを早期発見することができれば、子宮の部分切除等の治療により、がんによる死亡を防ぐことができます。

狛江市では、20歳以上の女性の方を対象として、子宮頸がん検診(2年に1回)を市内医療機関又は東京都予防医学協会で実施しています(予約制)。