これから接種を受ける方で、協定市・区以外の市外医療機関での接種を考えている方は別の手続きが必要です

詳しくは、「子どもの定期予防接種(市外の医療機関での接種を希望する方へ)」のページをご覧ください

 

HPVワクチンを自費で接種された方に、接種費用を助成(償還払い)します

HPVワクチンの積極的な勧奨を差し控えていた期間に定期予防接種の接種機会を逃し、定期予防接種の接種期限(16歳になる年度(高校1年相当)の年度末)を過ぎてから、自費で接種を受けた方に、接種に要した費用を償還払いにより助成します。

1.対象者

以下の1~6のすべてに該当する方

  1. 令和4年4月1日時点で狛江市に住民登録がある方
  2. 平成9年4月2日から平成17年4月1日までに生まれた女性
  3. 16歳になる年度(高校1年相当)の年度末までにHPVワクチンの定期予防接種を3回完了していない方
  4. 17歳になる年度(高校2年相当)以降、令和4年3月31日までに、「サーバリックス(2価ワクチン)」または「ガーダシル(4価ワクチン)」の接種を自費で受けた方
    ※「シルガード(9価ワクチン)」の接種を自費で受けた方は助成の対象外となります。
  5. 助成を受けようとする接種回数分について、キャッチアップ接種を受けていない方
  6. 狛江市以外の市区町村から同種の助成金を受けていない方

2.申請方法

下記の書類をそろえて、健康推進課へ提出してください。

  1. 狛江市ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種費助成金交付申請書 [140KB pdfファイル]
  2. 接種費用の支払いを証明する書類(領収書・明細書・支払証明書等)※原本に限ります
    <紛失等により提出できない場合も申請は可能です。>
  3. 接種記録が確認できる書類(母子健康手帳「予防接種記録」欄の写し等)
    ※お手元にない場合は、「狛江市ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種助成金交付申請用証明書 [343KB pdfファイル]」を接種を受けた医療機関に記入してもらい、ご提出ください。その際の文書料は助成の対象外です。

3.助成額

接種費用の支払が証明できる書類の提出の有無により、以下の額を助成します(接種3回分まで)。

  1. 接種費用の支払いが証明できる書類(領収書・明細書・支払証明書等)が提出できる方
    →接種費用の実費相当額 (ただし、狛江市が定める額を上限とします。)
  2. 接種費用の支払いが証明できる書類(領収書・明細書・支払証明書等)が提出できない方
    →狛江市が定める額

4.申請期限

令和7年(2025年)2月28日

5.申請先

〒201-0013 狛江市元和泉2-35-1
狛江市福祉保健部健康推進課保健予防係

電話 03-3488-1181